【パチスロ】エクセルで簡単な収支表の付け方3「簡単に作ってみる」

シェアする

前回の記事ではサクっと実践データの数字を取りました。

(前回の記事はこちら)

今回はそれを実際にエクセルに入力してみようかと思います。その際に、初歩的な入門レベルのエクセルの式を入力することで、それなりに立派な収支表が完成します。

もしエクセルをあまり使っていないという方でしたら、この機会に初歩だけでも覚えてみてはどうかと。使ってみると意外と面白いものです。

実際にエクセルに実践データを入力してみるとこうなる

というわけでエクセルを使って収支表を作ってみた。

ATなどの天井狙いの収支表

以下が見本。見辛い場合はクリックで大きくなります。

syushihyou

ちなみにこれは「パチスロ蒼天の拳」の収支表だったりします。

そして・・・前回の記事で4つの数字しか使っていないと言っていましたが・・・

すみませんwww思いっきり「5つ」ありますwww

各々の稼働する時間帯や状況にもよりますが、よく考えたら宵越しが狙える人は前日の最終G数も書き込むべきでした。

しかし正直画像を作りなおすのも面倒なのでこれで書きます。「基本を抑えておけば、応用で各々見やすく綺麗に好きなように作れます」ということなので、今回はこれでざっと説明します。

実践メモの入力

この表は左に「前日ゲーム数」を加えているだけで、入力している数字は前回書いた通り左から順に「打ち始めG数」「当選G数」「投資金額」「回収枚数」の4つです。

実際にテンプレさえ完成してしまえば、半角入力でテンキーの数字部分と矢印の「→」だけしかキーボードを使わずに入力できます。

テンプレの関数は画像解説が多いので次回にするとして、とりあえず収支表を見て分かること。

実践データを分析

このデータはちょっと最終の平均などの統計を綺麗に出してはいないんですが、まあ読み取るくらいは出来るのでちょっと見てみましょう。いずれ綺麗に作りなおして記事を修正しようかと思います。

最上段が全部の平均になっているのでそこを読み取ってみます。左から順に

  • 宵越しが効くこと前提ですが、平均で見た目278G実質367Gから打ち始めて508Gで当選している
  • つまり初当たり平均は約1/230くらいになっている
  • 大体平均で8k投資して出玉の平均が498枚、平均差枚は96枚(1926円)
  • トータルの収支は右上に出してあり、累計+72460

というようなデータになっています。ちなみに一応このデータを分析を解析データと比較すると、蒼天の機械割が

設定4・・・1/252 105.0%
設定5・・・1/218 110.6%

ですので現在の初当たり確率はその中間辺りでしょうか。まあ設定4以上には引けていると考えるとプラスになるのも納得です。

出玉に関しては設定3の1/280(101.0%)と考えると多く見えます。また、普段打つ台が設定1とすると、スイカ確率に設定差がある以上、初当たり確率が設定5だとしてもオーラの関係で機械割は下がりそうなものです。

でも天井に恩恵があるので別に引き強なだけで勝っているわけでもないかなと思います。

みたいな考察が出来たりして楽しいです。

波の荒さをグラフで見てみる

右端の数字をグラフにしたりも出来ます。

これも楽しいです。

グラフを作る

とりあえず波が荒いなーということは分かります。最近こんな台ばっかっすな。

これ最初勝ててなかったら辞めてるなwww

収支表をデータに纏めることで得られる利点

などとまあ、こんな風に色々考察したり出来るわけです。

あまりにも平均出玉が理論値とかけ離れていたら「負けているけれども引きが弱いだけで立ち回りは間違っていない」と自分を慰めたり分析したりできます。

また、こうやってデータを残せば宵越しが使える店かどうかも分かったりします。

一度テンプレさえ完成してしまえば入力は実に簡単です。

次回はテンプレ作ります。

http://mitasonet.com/works/pachi-slot/syushi-hyou-4/