【パチスロ】エクセルで簡単な収支表の付け方1「収支表を付ける意味」

シェアする

専業じゃなくてもスロットを打つなら収支表は付けたほうがいいよというお話。

色々理由はありますが、今回はそんなところから少し書いてみようかなーと思います。

ちなみに、これはどちらかと言えば「スロットで勝ちたい><」という人向けの記事です。別に遊びで打っている人を否定はしませんが、そういう人は収支表を付けると逆につまらなくなるような気がするのでオススメしません。

まあ遊び打ちを否定はしませんが、1つだけ言わせてもらうなら「遊びで打つ人はお金を払って遊んでいる」という感覚を常に忘れないでください。つまり負けて当たり前なのです。「苛ついて台パン」「GOGOランプや華に根性焼き」など絶対にしないようお願いします・・・。

近所の店は大体全部光が歪んでるんでホント困った店っすわ・・・。

収支表を付けることによって分かること

「そもそも本当に勝てているのか?」が分かる

当たり前です。けれども大切なことです。

「収支表?付けてないけど多分トータルプラス」と言ってる人は大半がマイナスかと思います。

中には本当に面倒で付けてない人もいるかもしれませんがレアケース。負けてるデータを眺めるのは嫌なのが人間として普通。なので自然と付けなくなると思います。逆に右肩上がりのグラフは見ていて気持ちの良いものです。勝ち組は積極的に収支表を付けるはずです。

「何故勝てないのか」理由やその改善点が分かる

単純な差枚数だけでなく、少し踏み込んで色々残しておけば自分でデータ分析出来ます。

例えば「8000GでB30R30」のジャグラーを毎晩A店とB店で打っていたとして、A店ではプラスだけどB店ではマイナスということになったら、どの程度打ったかにもよりますが単純にB店は平均設定が低くて低設定のまぐれ吹きを触ってる割合が高いかもしれない。

みたいなことが分かったり。

収支表を付けることは勝ち組への近道

かなーと個人的には思います。

まあ付けなくても勝てることは間違いないんですけれどもね。まずそもそも勝ち方が分からない、分かっていても勝てない、という人は、なるべく詳細に付けてみると良いかと思います。

まあ何事も勉強ってことです。収支表をつけて色々分析するだけでも勉強になります。今はネットで調べれば大体のことは分かりますけれども、自分の環境での勝ち方などというものは自分で考えないと結局分かりません。

それにこうやって数字を弄って遊ぶことで数学的な考え方の基礎も身に付くかもしれませんし、そういったものも結構役に立ちます。

モチベーションも上がるし楽しいよ!

繰り返しになりますが「右肩上がりのグラフを見る」のは楽しいです。おそらく大半の人間はそうなるかと思います。そう考えるとそれだけでもモチベーション維持に繋がります。

まあスロットを打つモチベーションを高めることに意味があるのかといえばそうでもない気もしますが。まあ副業として打つならモチベーションは高いに越したことはないかと。

次回は自分のメモり方ついて書いてみます。長いので切りますが全部終わったら1ページにまとめるかもしれません。

続きの記事
パチスロ「収支表の付け方」2 自分流簡単な実践データの書き方