【アニメ】なかなかに評判の良い「SHIROBAKO」とやらを観てみた【感想】

シェアする

今更ながらアニメ「SHIROBAKO」を観ています。面白いと評判みたいですので。

今更と言っても基本は「録り溜めしてそのうち観る」派の自分なのでむしろ早い方かなと思っているのですがww未だにアクセルワールド見終わってないからねww

死ぬまでに全部観られるのかな・・・。

3話までの感想

どうやら尻上がりに人気が出てきたと評判のようですが自分には理由が分かりません。

普通に最初からものすごく面白いです。

P.A.WORKS制作のオリジナルアニメで「花咲くいろは」系列みたいなものでしょうか。働く女の子って感じ?個人的にどう見ても最初から期待されていて当然のような感じがしますがそうでもなかったのですかね?

自分的に花咲くいろははあまり面白く無かったのでそう聞いても多分反応は薄いですが、まあ世間的には花いろって結構人気あったように記憶しているんですが・・・。

今回の「shirobako」は、内容はアニメ業界で働く女の子たちのお話。

いや、女の子だけじゃないですが。オッサンも多い。

でもそれがまたいい味出してるんですよ。

アニメ業界の裏側って感じですかね。

タイトルで使われている「白箱」というのは

「映像業界において作品が完成したときにスタッフに対し確認用に配布される白い箱に入ったビデオテープ」

ということらしいです、なるほろん。

冒頭で、高校で同好会でアニメを作っていた主人公らが、業界に入っても頑張るぞーと言った感じで入ってからのー、場面は打って変わって業界の現実、みたいな感じからスタート。

今観ているのはまだ3話ですが、業界の内情を知らない自分でも何となく伝わるような、とてもリアリティのある感じの内容です。といってもアニメ作ってる人がアニメ制作の内情を作ってるんだから当たり前というか少しくらいリアリティが無くては困りますが・・・。

とりあえず面白いのでオススメ

要するにアニメを作る「仕事」のお話で、アニメをよく観るような方には是非観て欲しいかなと思います。色々勉強になることも多いですし、やはり単純にこういう裏話は面白いです。

今後雨後の筍のように二番煎じの「アニメアニメ」が量産されても良いようなくらい着眼点は素敵かと思います。つーか多分出る。(それでも「それが声優」は面白かったよ!)

昨今の勇者と魔王が満ち溢れているアニメ界では、この設定は一見ベタベタに見えてとても新鮮な気がしますww

少なくとも3話までは面白いですので暇を持て余してる方は是非見て欲しい。

今後面白くなるかどうかは知りませんww

今後への不安

正直「花咲くいろは」は最初はすごく面白いと思っていたのですが、正直途中でダレて飽きましたwww

今作品も2クールあるようなのですが、その辺の不安が自分としては大きいですwww

と言っても、あれはあれで結構世間的には人気ですし、今から再度観たら評価も変わるのかもしれませんしね。

あっちも機会があったらいろはもちゃんと見直してみたいものです。

最後まで観てみた

面白かった(小並感

感想などはこちら

http://mitasonet.com/anime/shirobako-kansou/