美味しすぎて食べ過ぎ注意?セブンイレブンの「辛口ビーフジャーキー」

シェアする

コンビニで売ってる辛いものシリーズ第二弾(いつまで続くか分からないwww)

基本的にはお酒(主にビール)のおつまみが多いですが、今回は特にビールに合う絶品のアイツをば。

ビール好きの友人数名に勧めたところ満場一致の絶賛でした。

などとあまりハードルを上げすぎても自分が困るかもしれませんが、高いハードルを超えられるだけの品質は保証できる美味しさです。

伊藤ハム「辛口ビーフジャーキー」

辛口ビーフジャーキーパッケ

こちらがビール好きの方に大好評の「辛口ビーフジャーキー」です。

セブンイレブンで売っています、というかセブン以外で見たことがありません。

逆に言えばセブンなら結構売ってます。

例え成増だろうと群馬だろうと、セブンイレブンさえ存在すれば手に入る可能性が高いです。

そういう意味で友人に勧め易かったりします。

製造は伊藤ハムさんらしい、伊藤ハムさんマジGJ!!

本当に辛いのでご注意

ココイチで6辛以上がデフォみたいな人以外の、あくまで一般的な味覚での話ですが・・・。

これは本当に結構辛いです。

よく「激辛」などと表記してあっても全然辛くないような商品も珍しくはありませんが、この辛口ビーフジャーキー逆に「激辛」と表記しないといけないのではないかと思う感じ。

なので食べ過ぎると結構お腹を壊しますwww

しかし本当に美味しいのでついつい食が進んでしまいパクパク食べてしまうのでその辺りは本当に注意が必要かと。

元々がビーフジャーキーがメインなので、噛んでいると味が染み出てくる感じがついつい辛さを忘れさせ沢山食べてしまいます。

一度自分の食べられる量を見極めてみよう

ちなみに一袋に入っている量はそこまで多くはない。

辛口ビーフジャーキー中身

それでも酒のつまみにするには十分な量、というか一切れで元々のビーフジャーキーの旨味と辛さで結構長いこと満足できるので、お酒に対して十分な量って感じすかね。

食べ過ぎても、辛さと塩分であまり身体に良くないかと思うのでこのくらいが適量なのかも。

内容量は重さで言ったら本当にショボイ(まあ安いけど)。

つまり重さ以上の価値があるってこったwww

そんなこの辛口ビーフジャーキーなのですが、自分の場合は2袋食べると翌日ほぼ腹を壊しますwww

といってもこれは自分の場合なので、2袋くらい余裕で食べられる人もいるでしょう。

逆に、1袋食べただけで腹を壊してしまう人もいるかもしれません。

初めて食べる時は休みの前の日にでもしておいて、自分の食べられる量の限界値を測っておくのがベターかもしれませぬ。

なんでそんな自分の限界に挑戦するような、しかもしてもしなくても問題無いような無駄なことをするのかというと・・・

結局繰り返しになりますがこれ本当に美味しい、まじで

人にもよりますがハマる人は本当にハマるかと思います。

普通にすごく美味しい。

先程も少し書いたけれども、やはり単純にビーフジャーキーとしての旨味も強くて、辛いと思いながらもついつい箸が進んでしまう美味しさ(ビーフジャーキーは箸では食べんがwww)。

決して食べられないような辛さではないので本当に放っておくと食べ過ぎてしますかと思います。

辛口ビーフジャーキー両面

こいつがその辛い奴を両面写してみたものだ。

片面は何の変哲もない普通のビーフジャーキーだが、その裏面には砕いた唐辛子のようなものがびっしりとこびりついているwww

これがその辛さの源なのであろう。

といっても写真が微妙過ぎて分かりづらいかもwww

左が普通の面、右が赤い粉末が振りかけられている面です。

セブンイレブンならどこでも売っているわけではない

近所に1軒しかセブンが無くてこれが売っていなかった人は残念な感じです。

コミュ力が高い人ならば店員さんに相談してみて仕入れてみてもらってはどうでしょうか。

自分はコミュ障なのでわざわざこれが売っている遠いセブンまで足を運んでおります・・・。

ただ、やはりそうしてまで食べたい一品であることは間違いありません。

辛いもの好きな方に最近のオススメ

最近はいなばのタイカレーにハマっています。

辛さのレベルとしてはこの辛口ビーフジャーキーとは比較にならないのですが、これまた意外とクセになります。

気になる方は是非お試しあれ。

スプーンでそのまま啜って美味しい!いなば「チキンとタイカレー(グリーン)」
コンビニで売ってる辛いものシリーズ第三弾。 自分は主にセブンイレブンで買っています(近いから)が割とどこでも売っている模様。 と...

こちらもセブンイレブンであれば大抵売っている印象です。