【アニメ】「早急」の読み方ってどう読む?そうきゅう?さっきゅう?

シェアする

そうきゅう

「早急に提出しなさい。私はあまり気が長い方ではない。」

常務は「そうきゅう」と読んでいます。一方で

さっきゅう

「本郷が7人目の役者をまだ選んでいないのなら、早急にそれを用意することをお勧めします。」

折木さんは「さっきゅう」と読んでいるようです。

「重複」などと並んで誤読、もしくは読みが統一されていない漢字として挙げられる「早急」の読みについてのお話をアニメと交えて学ぶ。アニメを交えなければ一般人が読んでもそれなりに読める内容なはずなのだが自分が書くとなんかこうなってしまうww

個人的には「さっきゅう」と読みたい

実際どの程度の人が早急を「さっきゅう」と読んでいるのか。

どうやら数年前のマイナビだかリクルートだかのアンケートでは7割以上の人が「そうきゅう」と読んでいたらしいです。いずれさっきゅうは消えてなくなってしまうのだろうか。

「言葉は生き物」というのは分かります。言葉はツールなので時代に合わせてより便利に変化していくのは当然だと思います。多数の人がそう読むならいずれそうなっても良いかなとも思います。

けれども単純な多数決で決まってしまうのも悲しい。というのも勝手な推測ですが、この場合「どちらでも読めるけどそうきゅうの方が言いやすいから好き」というよりは、どちらかと言えば「さっきゅうという読みを知らずに誤読している」という割合が強いかなと感じます。悪く言えば国民の学力が低下したから、もっと悪く言えば要するに馬鹿が多くなったから。

(一概にそうとも言えないこともあるのでその辺は後述)

重複なんかもそうですが、自分の頃は「高校受験の国語でよく出る問題」として勉強した気がします。しかしいつの間にやら「どっちでも良い」みたいな風潮に。なんとなく悲しいと感じてしまいます。

現時点はどちらかと言えばさっきゅうが正しい

結局どちらが正しい、もしくは推奨されているのか。

現在ではどうやらNHKでは「さっきゅう」を採用しているようです。ちなみにNHK以外の民放は大体「そうきゅう」を採用しているとか。紛らわしいから統一してくれ・・・。

色々問題を起こしながら受信料は鬼のように取り立て多くのヘイトを集めているNHKさん、正直自分も好きではない。ですが日本語の基準としてはやはり一定の地位があるかと。以前、役者さんだか声優さんだかが「正しいイントネーションが分からない言葉はNHKに電話して尋ねる習慣がある」とラジオか何かで言っていた覚えがあります。そんなNHKが「さっきゅう」と読んでいるのならば、一応今は「さっきゅう」と読むべきなのかなと思います。

ただ「NHKがそう言っているから」で決め付けるのも多少乱暴のような気もしますけどねww

正直どちらでも良い

ただ個人的には、知らずに誤読して言葉が変わるのは少し悲しいというお話。両者を知って、その上で選択して変わっていく方が望ましいかなと思います。おそらくそのうち「そうきゅう」になるかとは思いますが、完全に変わるその日までは「さっきゅう」を大事にしていきたいなと思います。

ただ、実際今では別にどっちでもいいと思っている自分も居ます。

というのも、詳しく調べてみると現在でも「本当はどちらが先か」ということが正確に分かっていないとのこと。元々「そうきゅう」が先に生まれ、「早速」などに合わせて「さっきゅう」に変化した説。元々は「さっきゅう(さ・きゅう)」だったけれども早の一般的な音読みに合わせて「そうきゅう」に変化した説があるらしいのですがどちらも決定的な根拠は無いらしいです。

今でこそ自分が勝手に「そうきゅうと読むのは無学」と思っていても、実はそれ以前は「さっきゅう」側が無学者の誤読だった可能性もあるわけで。それらが逆転していることを知らずに数百年の時を経て恥を晒している自分が居ると考えられる可能性もあるわけで。

なんだか面白い。

NHK以外の民放も、単に「そうきゅうが一般的だから」というわけではなく、前者の説を採用して「そうきゅう」を使用しているという節もあるとか。おそらく今「そうきゅう」と読む人が多いのも、それゆえに単に聞く機会が多いからというのもあるかと思います。どう考えても他の民放全体の視聴率>>>NHK単体の視聴率かと思うので。

まあ要は本当はどちらでも良いのではないかということ。

ビジネスシーンにおいての美城常務の「そうきゅう」

そうきゅう2

決して美城常務は無能でも無いし「さっきゅう」という読みくらい知っているかと思います。けれども、こういった場面で使うならやはり「そうきゅう」の方が好ましいかなとも思ったり。個人的見解ですが「さっきゅう」で通じる人には「そうきゅう」でも大体通じます。しかし「さっきゅう」と言うと普段「そうきゅう」を使っている人には通じない可能性があるかと思います。

仕事の場で一々「さっきゅう・・・なんだろ?」と相手に考えさせるのは無駄かと。きっとこの常務の部下たちの中には通じない人も存在するかと思います。一発でサクッと伝えようと思うならばこういう場では「そうきゅう」って言っておいた方が効率的でラクです。

言葉は文化でもありますがやはりツールです。効率良く使うことを求められることもあります。

自分が常務ならやはり「そうきゅう」とこの場では言う。誤用?誤読?知らん!1秒でも早く会議を終わらせて定時ダッシュを目指すぜwww「常務、失礼ですがさっきゅうではないでしょうか?」とか要らん指摘をして会議を長引かせるような部下はクソ。そんな部署は解体じゃwwwプロジェクトは白紙じゃwww

美しい日本語を大切にする折木さんの「さっきゅう」

さっきゅう2

現在は一応「さっきゅう」がやや正しい、というか美しいかなと自分は思っています。ちなみに何となく今回デレマスを挙げましたが、他のアニメでも大抵「そうきゅう」と読んでいます。むしろ「さっきゅう」と読んでいるアニメは氷菓以外に見たことがありません。

氷菓はミステリーに分類されるジャンルです。普段の学園シーンはともかく、一番の盛り上げ場である推理シーンって絵面は本来地味なものです(実際は京アニパワーでかなり素敵な仕上がりですが)。

折木さんが考えて淡々と喋る、とにかく喋る、むしろそれしかすることがない、そんな作品。アニメ映像では回想シーンの再現映像などでそれなりに人が動くことはありますが、結局実際は何をやっているのかと言われれば「折木さんが喋る」アニメです。要するに「台詞や言葉を大切にする」アニメ。そんな氷菓という作品だからこそ、早急を「さっきゅう」と読んだことに京アニの拘りを感じたりする。

雑な結論

氷菓は神アニメ。美城常務はふみあり組ませたから有能。

ふみあり最高

「そうきゅう」?「さっきゅう」?

こまけえこたいいんだよwwwwww