【橋本】締めの一杯にラーメン 東池袋大勝軒「節の一分」【相模原】

シェアする

節の一分橋本店

自分が昔からよく行っている橋本駅前のラーメン屋「節の一分」の紹介。

ここは駅前のラーメン屋ということでもよく行っているのですが、何と言っても営業時間が魅力的です。

昼休憩が無いことも良いですし、何と言っても深夜(夜中3時まで)営業しているという点が一番の魅力です。

駅前のラーメン屋といえば、飲みの後の締めの一杯って感じでしょうか?

そんな締めの一杯にはピッタリかと思います。

(どうでもいいですが以前友人がここでバイトをしてたときにマキシマムザ亮君が来たって言ってました)

節の一分「大勝軒つけ麺」

大勝軒つけ麺(魚粉増し・中辛)

大勝軒つけ麺(魚粉増し・中辛)・・・640円

節の一分中辛

スープがとても赤いのは個人的な好みなので普通はこんなのではありません、ご安心ください。

麺の量は300gでしたっけ?すみません忘れてしまいました。

今度調べてちゃんと書こうかと思います。

メニューは通常のつけ麺が640円、魚粉増しと辛さ増しは無料で追加出来ます。

辛さは「普通辛」「中辛」「激辛」の3パターンあります。

久しぶりに来たのですが、元々辛さを増す調味料がテーブルにあったことは覚えていたので、辛いもの好きの自分ですがここは一応中辛くらいに留めておきました。足りなければ後で増せば良いだけですからww

魚粉はせっかくなので増して置いた方が良いかと思います。その方がこのラーメンの味の特徴をより強く味わえます。

実は以前よりも便利に

昔は魚介つけ麺と辛口つけ麺が別メニューでした。

そのため、魚粉の香りを味わいつつ辛さも多少欲しい場合は卓上の唐辛子をかけるしかありませんでした。

久しぶりに訪れたところ、この2つのメニューは何となく統合されたような流れになっています。

魚粉を増しながら辛さも増せるというのは個人的にはありがたいです。

魚粉の香りが食欲をそそるつけ麺

節の一分中辛スープ

このスープがとても良く、一度食べると忘れられません。

同系統の味はこの辺りでは他に無く、この味が食べたくなるとこの店に来るしかありません。

そういった意味でオンリーワンな存在です。

今回は中辛なのでちょっと赤さが目立ちますが、本来は魚粉で濁った茶色いスープです。

具材はネギのみ、昔はもやしなどが入っていた記憶がありますがいつの間にか無くなってしまいました。

これも物価上昇の影響下とは思いますが、その分値段は据え置き~やや安いくらいで留めてありますので問題無いかと。

こんなに赤くなってしまっていても、魚粉の香りは消えません。

やはりオンリーワンな存在です。

実は激辛好きにもオススメ

以前の辛いつけ麺は、何気に激辛好きの自分でも満足できるようなレベルの辛さで個人的にそこも気に入っていました。

ただ辛いだけではなく、しっかりとラーメンとしての旨味もあって、辛いけれども箸が止まらないような素敵なスープでした。

今回、魚粉と辛味を同時に増すことが出来るようにメニューが変更されており、旨味と辛さを両方味わえるようになったことは自分は正統進化かと思っています。

メニューで激辛を選んで、それでもまだ辛さが足りないと思う方も、卓上には一味唐辛子とラー油が大量に備わっております。

さらなる辛さを求めるのであればこちらも是非ご利用ください。

節の一分調味料

また、生のニンニクを絞るのもこのスープにすごく合います。

生のニンニクのツーンと来る辛さが、濃厚な魚介スープと相性抜群です。

是非とも一度は金曜土曜に訪れ、翌日を気にせずにしっかりと絞ってみて欲しいと思います。

ニンニクにも刻み、絞り、ペーストと色々ありますが、絞ったニンニクがここまで合うスープも珍しいかと思います。

「節の一分」店舗情報

東池袋大勝軒 節の一分

  • 住所 神奈川県相模原市緑区橋本6-2-2
  • 営業時間 11:00~翌3:00
  • 定休日 無し

橋本駅前です。

立地的にもとても行きやすいかと思います。

場所は駅前なので言うまでもありませんが地図はこちら

メニューのようなもの

すみません、画像が反射で見づらいのでいずれ修正します。

↓↓↓クリックすると大きくなります↓↓↓

節の一分橋本店券売機

他の魚介ラーメン系のお店

六角堂橋本店の「魚介豚骨らーめん」なんかが個人的にオススメです。

魚介の風味が素敵、博多長浜らーめん六角堂「魚介豚骨らーめん」
「六角堂橋本店」のメニュー「魚介豚骨らーめん」を食べてみました。 「黒豚骨らーめん」ほどではありませんが、こちらもまあまあ美味かったで...