【アニメ】隠れた良作「ローリング☆ガールズ」は何度観ても面白い

シェアする

ロリガ3

何度観ても面白い個人的超おすすめアニメ「ローリングガールズ」

あまり話題にもならなかったけれども、観た人の評価はまずまずだったかなという印象のアニメ「ローリングガールズ」を久しぶりに観てみました。やっぱり何度観ても面白い、というよりも二度目以降の方がより面白いかなと思います。

というのも、正直最初はちょっと取っ付きづらい感じもあります。最後まで観るととても面白いのですが、あまり話題にならなかったのは1話切りや途中離脱の視聴者が多かったのかなと個人的に思っています。自分もリアルタイムでも観ていましたが、正直途中ちょっとよく分からなかったりノリについていけなかったりした部分もありましたww

しかし最後まで観てみるとやっぱり面白い。そして何度観ても面白い。少しでも興味を持っていただけたら是非観てみて欲しいかなと思います。

アニメ「ローリング ガールズ」について

ロリガ7

WIT STUDIO制作のオリジナルアニメです。放送期間は2015年冬。

近未来?の日本が舞台。道州制が廃止された日本で各都道府県がご当地色を強め、独立した国家となっている世界。それぞれの国家は自警団を組織して、色々なご当地紛争を繰り返している。

そんな世界で主人公の少女たちが「平和請負人」の代理として、バイクで日本各地を旅しながらそこでの揉め事を解決していくというお話です。「水戸黄門」や「西遊記」、「最初期のドラゴンボール」みたいなストーリー。

何の能力も持たない普通の女の子たちが頑張るお話。

ロリガ4

という説明だけ聞くと可もなく不可もなしな、ものすごくよくある普通のアニメです。しかし色々と特殊で、そこが面白くもあり残念でもあったのかと思います。

やはり最初は取っ付きづらいアニメ

これはまあ仕方がないかなと思います。自分は好きでしたけれども、色々な要素で1話ですぐ観るのを辞めてしまったりするのも分からなくはなかったり。というわけであまり良くない部分を最初に少し挙げます。

設定が特殊過ぎる

ちょっと設定がぶっ飛んでいたり盛り過ぎだったりする辺り最初は入りづらいです。造語の用語もすごく多いです。モブやらモサやら、まあ響きで分かるっちゃ分かるんですけれども、最初の30分でいきなりあんなに色々言われたら結構置いてけぼりになってしまうのは仕方ない。

無駄なギャグが多い

ロリガ5

シリアスになり過ぎないように、というか全くならないようにちょいちょい無駄なギャグを入れてきます。

それが良い感じにゆるい雰囲気を作ってもいるのですが、人によってはウザいと感じるかも。スベっていて寒いと感じてしまう人もいるかもしれません。まあ正直自分も少し思いますww

ノリがおっさん臭い

ロリガ2

主題歌や各話サブタイトルにブルーハーツの楽曲を使用している辺りから分かるようにものすごくおっさん臭いです。まあ自分がそうだからかもしれませんが三十路くらいの人が好きそうな雰囲気。

だがそれがいい

というように取っ付きづらかったり視聴を継続しづらいような残念要素もあるのですが、逆にそれが慣れるととても良い感じ思えます。

謎の造語が多い世界観や、いつでもゆるーく観られる雰囲気。そしておっさん臭さ。こう言った要素が「何度も繰り返して観ても面白い」と思えるような作品に繋がっています。二度目観るとまた違った視点から観られますし、時間が経ってから再度観ても見方が変わるかと思います。

実際に観てみれば分かるのですが、揉め事があったりすると言っても悪者がいない。というか悪そうに見えるやつも大体そんなに悪いやつじゃないやつばかりです。多分バイキンマンよりも悪くない。シリアスな空気を極力避けてゆるーく作られている世界観が本当に心地良い。こういうのってすごく好きです。

それに「おっさん臭さ」って別に悪い意味ではないんです。むしろ「歳を取ると涙脆くなる」とかそういうようなおっさん臭さです。

「シンプルでアツくて温かい」

そんなアニメです。

ローリングガールズの大まかなストーリー

基本的には最近流行り(古いか?)のご当地あるあるや都道府県紛争ネタがメインです。作中では回想で少し出ただけですが、所謂「富士山は山梨と静岡どっちのものだ?」みたいなやつです。

大抵は2話で完結する感じ。ネタバレしても大して痛くないようなストーリーなのですが一応ネタバレを考慮してものずごくざっと書くと内容はこんな感じ。

1~2話

ロリガ8

舞台は埼玉。

主人公は所沢の「日吉町プロペラーズ」という自警団の団員です。

東京を追い出された東村山が腹いせ?に埼玉の所沢を侵略しようとするお話。すまん、俺八王子市民なのに都民ヅラしてて本当にすまん・・・。

3~4話

ロリガ9

舞台は東京。

毎日がコミケになった東京で起こった事件のお話。なにそれすごく良い国だな。でもすぐ金無くなりそうだからやっぱ困るわ・・・。

5~6話

ロリガ10

舞台は愛知三重。

合併した愛知と三重のどちらが主導権を握るかの紛争。結季奈ちゃんが可愛かった。

7~8話

ロリガ11

舞台は京都。

古都としての京都の自警団「舞妓どすどす」と、ロックの聖地としての京都の自警団「鴨川ロッカーズ」のそれぞれの団長、舞妓さんとミュージシャンのお話。

おっさんは涙脆いので泣いた。作中で一番好きなシーンを画像に使ってしまったけれどもちょっとネタバレになってしまうかも。でも正直分かってても泣くから関係無いよね(適当

音楽というものは本当にダイレクトに心を動かすんだなぁ・・・

9~12話

ロリガ12

岡山・広島のお話。

日本昔話をヤーさんのいざこざを交えてアレンジした物語のクライマックスです。ベタベタだけれども普通に泣いた。どの昔話かはネタバレになってしまうので伏せる。まあベタベタだけれども。

何だかんだ全体で見てもいい話だっと思います。気が向いたら是非観てみて欲しい。

ブルーハーツの楽曲をモチーフに

そもそも最初に自分が観るきっかけになったのがこれ。第1話放送は、友人の家で夕飯をごちそうになっていたときでした。たまたまテレビで流れた感じ。

その時に第1話で挿入歌として流れたのが、ブルーハーツの「1000のバイオリン」のカバー。「お、これは良いセンス」と思ってからのEDで同じくブルーハーツの「人にやさしく」のカバーが流れました(第2話以降はOPで流れます)。

これは本当に頑張れる。

ブルーハーツの名曲「月の爆撃機」のカバー

そして2話以降のEDの「月の爆撃機」が素晴らしい。OPの「人にやさしく」は今でもそれなりにカバーされたりしていて若い人にも馴染みがあるかもしれません。多分知名度もあるかと思います。

しかしこの「月の爆撃機」も本当に名曲です。そして楽曲のアレンジや音作り的に、この作品のブルーハーツカバー曲の中では一番良いと個人的に思っています。今観るときでも、OPはたまに飛ばしますがEDは殆ど飛ばしません。本当に名曲で、そして良いカバーでした。

各話サブタイトルもブルーハーツの楽曲から取っている模様。この辺のおっさん臭さが個人的にすごく気に入りました。

今の若い人にはブルーハーツはあまり馴染みがないかもしれませんが、こうやってアニメのカバーなんかで少しずつ昔の良きものに触れていく機会が生まれるというのはとても素敵なことです。

独特な世界観とゆるくコミカルな雰囲気が素敵

設定盛りすぎと先程も言いましたがとにかく世界観が独特です。

世界観や設定、用語など

バトルをする「モサ」や一般市民の「モブ」、からくり大工の「匠座」など色々あってその辺理解するのが大変です。公式ホームページに「ロリペディア」という解説集があるので、試聴する際にはそちらを読んでからをオススメします。まあ読んでもあんま分かんないんだけどねww

ローリングガールズ公式HP「ロリペディア」

ネタ

ロリガ1

ちょくちょくぶっ込んでくる謎のネタ。パロディもそれなりに多し。

これは人によってはうっとおしいと感じるかもしれませんが、観ていて色々あるのでとても楽しいですww

おっさん臭さ

ロリガ6

そもそもバイクに乗って旅をするようなノリ。作中に「今の30代くらいの人が小さい頃に流行っていたもの」が多く出てきたりする辺りに感じる懐かしさ。この雰囲気がとても好きです。

その辺「あの花」にも感じたことなのですが、あれのさらにもっとおっさんバージョンといった感じかも。

そんなおっさん臭さを可愛い女の子が中和している感じです。

アニメ「ローリングガールズ」の感想と評価

最後まで観ると普通に面白い。率直で何の捻りもない小並感ですが、初めて最終話を観たときは素直に「面白かった。観てよかった」と思いました。

設定自体はややこしいけれども、ストーリー自体は特に小難しいこともなくベタベタの王道ストーリー。三十児向けの絵本といった感じです。シンプルで純粋で心温まるお話でした。円盤の売り上げはイマイチでしたが、作品としては普通に良かったと思います。

ちょっとおかしなノリではあるのですがそれに慣れると本当に全体を通して心地よい作品です。当時観なかった人や途中で視聴を辞めてしまった人は、機会があればゆっくり観てみてほしいものです。

コメント

  1. だい より:

    Rollingにはまって、こちらにたどり着きました。
    このおっさん臭さを楽しめるのは・・・三十路なんかじゃねぇ!
    これに、本当にほろっと来ることができるのは、40代以降だぜ!
    第6話でTrain Trainが流れてきただけで泣ける。笑

    でも、コメントに共感いたしました。
    ありがとうございます。

    • みたーそ@管理人 より:

      >だい様
      コメントありがとうございます。

      そうでしたww
      自分は「世代の割にはマーシーヒロト大好きマン」というだけでどちらかと言えば40代くらいでしょうかねww

      選曲のチョイスは本当に絶妙ですよね。
      EDが月の爆撃機なだけで自分は泣いてしまいます。
      少しでも好きな人と共感できてこちらとしても嬉しいです。
      2期は無いでしょうが、同スタッフの別アニメに密かに期待して待とうかと思います。

  2. 抹茶グリーン より:

    昨秋クールの某アニメつながりでローリング☆ガールズの
    存在を知り、むしろこちらにハマッてしまった者です。
    感じたことを言葉にしてもらっていて嬉しくなりコメント
    させていただきました。

    このアニメ、遡ってググると一昨年の1月の放送……あの
    クールは『艦これ』等のビッグタイトル(?)が多かった
    せいか目立たなかった、というより、オタクたちから理由
    不明の叩きの対象みたいにされていた感じを受けました。

    (原作がなく予備知識がない)オリジナル作品を短いPVや
    番宣のみで自分の知る過去作(このアニメでいえばやたらと
    引き合いに出されていたのが『キルラキル』)に似ている、
    ●●臭がする、の一言で片づけようとする上から目線に加え
    「よく知らないけど皆が叩いてるから叩いとけ」みたいな
    声だけ大きい層にネガティブな印象操作をされ、結果として
    不遇な作品になってしまったような印象を受けます。

    「人を選ぶ作品」という評もありますが、ちゃんと観ないで
    ネットの評判を鵜呑みにした受け売りが大半なんじゃないかと
    感じています。

    一過性のインパクトや性的なアピール、擬人化ゲーム原作もの
    などが溢れ、結果的に閉塞を招いている感のあるアニメ業界に
    あって、一見わかりませんが、オタクにまったく媚びてない
    ところが個人的にとても好きです。

    ゆえに反発も受けたのでしょうし、続編もないでしょうが、
    僕も同スタッフの今後の仕事に注目したいと思っています。
    (監督の方が『夏目友人帳 伍』を手掛けられていましたが、
    やはりヒューマンドラマ志向なのかも知れませんね)

    • みたーそ@管理人 より:

      >抹茶グリーン様
      コメントありがとうございます。

      言われてみればそうですね、前評判というか知名度の高いアニメが結構連なってた頃かなと。シンデレラガールズなんかも同時期でしたかね・・・。自分も本当にたまたまTVを見たらやっていたので見てみたら面白かった(というかブルハの音楽に惹かれた)から見たというだけで、今みたいにアニメが量産されている時代で数あるアニメの中からこれを選んで観ようという人は少ないかなと自分でも思います。

      オタクに叩かれていたのはなんというか所謂まとめキッズみたいなものかなと思うのでなんともですね。観なくても叩く、叩くために観るなどそういった謎のモチベーションのある方々が一定数居るのは何となく分かってはいるのですが単に声が大きいだけかなーと。神のみぞ知るセカイなんかも同じ感じでネットでは謎の叩きを受けていましたけど自分のリア友はみんな大好きでしたしww多分適当にアトランダムに選んだ人に観てもらって感想を聞いてみたらまた違った結果になるのではと思います。ですがそういった層の大きな声がライトユーザーの入り口としてそれなりに影響している気もしますので難しいところですね。

      ですが個人的にやっぱり「人を選ぶ」というのは分からなくもないんですよねww仰るとおりオタクにまったく媚びていないというのは個人的には好きなんですが、やっぱりアニメを観ている人は大半がオタクですのでww

      慣れれば面白い世界観なので続編も観たいものなのですが、まあそれなりに綺麗に終わったので満足しておきます。出来れば格ゲーなんて出してみたら面白いのではとも思いますが多分無理なので有志の同人ゲーにでも期待しようかと思います(他人任せ