【デレステ】音ゲー初心者が上達するための方法「親指勢と人差し指(置きプレイ)」

シェアする

デレステ最高っす。こんな素晴らしいゲームに出会ったのは久しぶりです。

しかし音ゲーが下手過ぎると悲しい思いをすることもあるかと思います。でも音ゲーが苦手というだけで辞めないで欲しい。もっとデレステを盛り上げて欲しい。個人的に5年くらい遊びたい。

そんな思いで綴る「デレステ始めたけど音ゲー苦手」という方のための自分の成長の備忘録。

「とにかく石を割って練習」が当たり前過ぎる上達の秘訣なのですが、それ以外の観点から少しでも具体的に、そして物理的に音ゲーを簡単にする方法まとめのその2。

↓他の記事へのリンクや自分の音ゲー成長歴まとめ

【デレステ】音ゲーが上達する方法などまとめ
過去記事へのリンクまとめです。 目次の先にリンクがあるのでそちらからお飛び下さい。 はじめに スマホゲーム「アイド...

音ゲー下手な人が上達するならまずは最適な姿勢から

というわけでいきなりなんですが「親指勢だけど上達できない」とうい方はまず他の方法を試してみましょう。

実際自分は元親指勢で、途中から人差し指に転向してプレイし始めてから劇的に上達した(フルコン出来る曲が増えた)と感じます。このゲームは「親指で出来なくもないけれども、基本的には親指でプレイすることを前提に作られてはいない」かと思います。

「親指で出来なくもない」というのは、一応現状では譜面の中に

  • 3つ以上の同時押しが存在しない
  • 指2本だと必ず交差しなくてはならないという場所は無い

からかなと。

けれども、やはりどう考えても親指でのプレイを推奨するような譜面でないことは分かるかと思います。端から端までのフリック、端2つでの同時押しなど辺りは親指ではきついのではないでしょうか。というか自分はきついです。

自分はiPhone5を使っていますが、iPhoneってスマホの中では割と小さい部類です。そんなiPhoneでも親指はきついです。その他のスマホはもっと大きいのでしょうから、親指でプレイするなんて少なくとも自分は無理かなと思います。

そもそもタブレットに対応している時点で、基本的には机に置いて人差し指でプレイするスタイルを想定しているかと。

さらに言えば、親指の方が大きくて接触面積が広いせいか、明らかに隣接ノーツ無反応やロングノーツ途切れが多いです。この辺に悩んでいる方も多いかとは思いますが、もしもそれが自分のプレイスタイルのせいで起きる現象だとしたら、そんなものに悩まされるくらいならさっさと変えた方が良いです。

動画が取れないので実演が見せられませんが、人差し指でプレイするとそのような現象は無理矢理起こそうと思っても起こせません。ロングノーツを押しながら空いた片方の手で近くをタップしまくっても全然途切れません。しかし親指だと普通にプレイしていてもしょっちゅう途切れます。

判定のプログラムを詳しく解析したわけではないので体感なのですが、明らかに不利な点が多すぎるのも親指プレイの欠点です。

親指勢をディスっているわけではない

プレイスタイルは本当に人それぞれなので好きなようにやればいいと思います。

でも個人的には、わざわざ自分で物理的に難易度を上げているのに「クリア出来ない」「上手くならない」と悩んだり騒いだりするのは本当にアホらしい。「親指勢を無視してる譜面!」とか言うなら普通に「人差し指でやればよくね?」って思います。どっちでも出来た方が良くないっすか?

やりやすいやりづらいは単に慣れですが、物理的な問題で明らかに人差し指などを使った方が簡単です。これは実際に自分で両方試して実感しました。

「親指プレイで上達したい」という目標の方をどうこう言うつもりはありません。しかし親指プレイで高難易度がクリアできないなどという悩みに自分が出来るアドバイスはやはり「人差し指でやってみれば?」ということになってしまいます。

身体的都合で親指でしかプレイ出来ない方は仕方ないにしても、それ以外の方の親指プレイは「縛りプレイ」や「舐めプ」の領域かなと思います。こういうのは超上級者がやることです。

上級者でないと自覚するようであればおとなしく変えた方が早いです。

親指でプレイできることも大事

自分の現在のスタイルは「机にスマホを置いて人差し指でプレイ」です。しかしこれだと出先や電車の中などでは出来ません。そんな時に親指プレイは役に立ちます。

どうしても外でスタミナを消費したい時はやはり自分も親指を使うことが多いです。

「縛りプレイ」という意味では、人差し指プレイも「置く場所が無いとプレイできない」という意味ではある意味縛りプレイです。

でも「上手くなりたい」とか「ハイスコア狙いたい」とかいうときにわざわざ電車の中なんかでやることは少ないかと思います。そういうことは大抵家などでするかと思います。つーか電車の中でTOKIMEKIやってたら普通にキモい気がするわww

デレステのやりやすい姿勢

というわけで、個人的には端末を机に置いて人差し指でプレイするのが一番やりやすいかと思います。

その際に必須なのは「滑り止め」です。どこの百均でも網のやつくらいは売っているかと思いますのでそれを使うと良いかと思います。自分はアレだとグリップが足りなかったのでもっと強力なやつを使っています。

【デレステ】スマホを机の上に固定する滑り止め的下敷き【便利アイテム】
元親指勢だけれども現在は人差し指プレイヤーのワタクシです。 しかし人差し指プレイはスマホが結構動きます。最初の頃は小指で抑えていました...

無ければとりあえずは何か重いものを横に置いたり、小指や薬指で端末を固定することである程度はプレイできます。しかし、人差し指プレイの一番の利点である「可動域の広さ」が大幅に損なわれるかと思うので、やはり滑り止めを敷いて好き放題動かす方が良いかと。

元々人間の手の指で一番精密な動作が出来るのは人差し指です。こうやってキーボードを叩いていてもそれは分かります。一番最適で精密な動作が出来る方法を使うのは自然なことかと思いますし、繰り返しになりますがそうでないプレイを進んでするのは個人的には縛りプレイの領域かと思います。

それ自体は否定しませんが、縛りプレイをしながら「出来ない」と愚痴を言うのは、おせっかいながら些か我侭がすぎるかと。

まとめ

まあゆうて自分も「家でスマホゲーするときまで机で正しい姿勢で本気でなんてやりたくない。ゴロゴロして親指でやりたい」などと思ってやっていましたがそもそも大きな間違い。別にどっちだって変わらんです。むしろ親指プレイでフルコン出来ずにストレス溜める方が余程ゲームとして本末転倒です。

やはり遊びくらい本気でやりたい。

遊びに本気を出せることが素敵。

それに、やはり音ゲーの楽しさの本質は、上達してハードルを超えた時の達成感です。今まで出来なかった曲がクリア、フルコンと出来るようになっていくのが一番楽しい部分です。人差し指プレイにするだけで上達する、というより物理的に難易度が下がるのであればやはり一度試すべきかと。

それにこんな素敵なゲームを「難しいから辞める」とかなってしまっても勿体無いですしね。ストレス無く遊べるようにするには「音ゲーが上手くなる」というのも重要な要素かと思います。そのための物理的な解決法のひとつとしてプレイスタイル変更をどうぞ。

親指で全然出来なくて人差し指に変えてから100回目にしてようやく「Star!!」をフルコン出来た時の喜びはひとしおでした。

Star!!フルコン

【デレステ】音ゲーが上達する方法などまとめ
過去記事へのリンクまとめです。 目次の先にリンクがあるのでそちらからお飛び下さい。 はじめに スマホゲーム「アイド...

コメント

  1. シュトーレン より:

    え、デレステって親指でやること前提でしょ。
    親指が動かないからって人差し指に逃げてるくせに「縛りプレイ(キリッ」って言うのはどうかと思いますけど。
    なんのために3キー同時押しがないのか、考えが甘すぎる。
    それでフルコンできましぇーん(泣)とかやめてくださいよw

    • みたーそ@管理人 より:

      >シュトーレン様
      コメントありがとうございます。

      まあそう思うならそうすればいいんじゃないですかね(ハナホジ
      3キー同時押しが無いのは「親指でも出来る」ようにしてるためであって親指でやれなんて製作者は思ってないと思いますが。
      ゲームは各々自由にやりやすいやり方で楽しんでやるべきです。

      あなたの様な人間は業界を縮小させる害悪なので本当は早々に退場願いたいもんなんですけどねww
      まあご勝手にどうぞww

  2. 満腹ぽんぽん丸 より:

    興味深い記事です。

    自分は現在置きプレイでフルコン数85くらいの者です。
    最初はPROでも難しかったのですが、この時は親指のほうがやりやすかったんです。
    最近の若者はテレビゲームやスマホ操作で親指の運動に慣れている人が多いですが、机に置いて複数の指を動かすことは、慣れていなければそちらのほうが難しいです。
    このように「最初は親指のほうがやりやすい」という人がかなり多いと思われます。

    プレイスタイルを変えることは慣れるまでストレスを感じます。
    自分もかなりためらいがあり面倒だとも思いましたが、なんとか置きプレイに矯正しました。

    親指プレイで「親指勢を無視してる譜面!」などと言う人は、親指プレイにこだわっているのではなく、今更プレイスタイルを変えることへの諦めのほうが大きいんじゃないかと思います。

    管理人さんは「プレイスタイルを変えるストレス」に「親指でフルコンできないストレス」が勝ってプレイスタイルを変えたけど、逆(諦め)もあるわけです。

    でも人間は諦めを認めたがらない生き物なので、「このゲームは親指が前提のゲーム!人差し指は逃げ!自分は逃げないんだ!(キリッ」などと思い込むことで自分の自尊心を保ったりします。
    そのような人がシュトーレンさんのようなコメントをします。

    本当に自分から親指プレイを選択している健全な人は、絶対他人に親指プレイを強要したりしないのですぐにわかります。(笑)

    • みたーそ@管理人 より:

      >満腹ぽんぽん丸様
      コメントありがとうございます。

      自分も大体同じくらいのフルコン数です。
      27~28がキツいみたいな感じでしょうか?

      なるほど、言われてみれば確かに世代の差もあるかもしれませんね。
      自分なんかは今もこうやってPCでキーボードを叩いていますが、今はPCを使う人も減ってきているらしいですしね。
      スマホの形なんかも親指プレイに向いている形なのでその辺も何となく分かります。

      いずれ別記事にまとめようかとは思っているのですが、個人的に音ゲーの上手さの半分は「筋肉」かなーと思っているんですよね。
      どれだけ速く正確に指が動くかという辺りが最終的に関わるのかなと。
      そういった場合、やはり親指の関節以降のみしか使えない親指プレイと、肩から先を全部使える置きプレイでは動きに差が出るのかなーと思います。
      ゲーム慣れしていて親指の筋肉が必要な量まで達していた場合は親指でも余裕でプレイ可能、そうでない場合は親指で速く動けるようにする努力をするよりも置きプレイに慣れた方がショートカットになるかなーと今では考えています。
      単純にTOKIMEKIの連打を両方で試してみれば大抵の人は置きプレイの方がラクかとは思うんですけどねww

      そうですねww何事も「他人に強要する人はダメ」って自分も思っていますww
      健全な親指プレイヤーの方の品位を落とすようなことはしてほしくないですね。
      「自分に出来ないことが出来る」という点では普通に親指プレイヤーの方は尊敬しています。