【デレステ】音ゲー初心者が上達するための方法「ノーツのスピード(速度)設定」

シェアする

over!!

↑ぼくにはとてもみえない

初見では5秒位で死んだ。

デレステ最高っす。こんな素晴らしいゲームに出会ったのは久しぶりです。

しかし音ゲーが下手過ぎると悲しい思いをすることもあるかと思います。でも音ゲーが苦手というだけで辞めないで欲しい。もっとデレステを盛り上げて欲しい。個人的に5年くらい遊びたい。

そんな思いで綴る「デレステ始めたけど音ゲー苦手」という方のための自分の成長の備忘録。

「とにかく石を割って練習」が当たり前過ぎる上達の秘訣なのですが、それ以外の観点から少しでも具体的に、そして物理的に音ゲーを簡単にする方法まとめのその1。

↓他の記事へのリンクや自分の音ゲー成長歴まとめ

【デレステ】音ゲーが上達する方法などまとめ
過去記事へのリンクまとめです。 目次の先にリンクがあるのでそちらからお飛び下さい。 はじめに スマホゲーム「アイド...

ノーツのスピードを上げる(調整する)

個人差がありますが、自分は「音ゲーを物理的に簡単にする方法」として挙げたいのがこの「ノーツの速度設定」です。

ゲーセンで他人の音ゲープレイを見たことがありますか?すごく上手い人は大抵ノーツの速さをすごく上げています。知人の音ゲー上級者曰く「その方が見易い」らしいです。

最初は自分も「いやそんな速いの見えないからww」と思っていましたが、実際に勧められてやってみて慣れると不思議、絶対速い方が簡単です。

自分もそうだったので分かりますが、これは本当に実際やってみないと、試してみないと分からないことです。「初期設定を弄りたくない」という方もいるかとは思いますがものは試し、是非一度弄ってみて欲しいです。

以下、分かりやすい例(あくまで個人差があります)

分かりやすい例

1.「シマムラウヅキガンバリマス」

2.「シマムラウヅキ ガンバリマス」

どちらの方が読みやすかったですか?

これがノーツのスピードの違いの視認性と似たようなものです。

ノーツの速度を変えて変わること

流れている音楽は同じなので結局自分自身が叩かなくてはならないスピードやタイミングは変わりません。

しかしノーツが速くなることで、個々のノーツの間隔が広くなります。結果、視認性が良くなるというのが大きなメリットです。代わりに速くなることでデメリットもあります。それらをざっと個人的な間隔で紹介します。

ノーツのスピードが速いメリット・デメリット

例で言うと下の方。

一つ一つの間隔が広くなります。代わりに落下速度が速くなり、結果的に画面上に見えるノーツの数は減ります。

メリットとしては、リズムの違い(8分、16分、3連符などの区別)や、ごちゃごちゃした連打・乱打部分での叩く順番や流れがひと目で分かりやすくなります。それぞれ違いがハッキリしているので、見えたものを頭で理解するまでが格段に速くなります。

逆にデメリットは「先が見えづらい」こと。その場の反射で叩きがちになるので「ここは絶対にこっちの指で取らないと次で切れる」というロングノーツやフリックなどで失敗する可能性があります。これは「ある程度の曲構成を覚える」ことで解決出来ます。

ノーツのスピードが遅いメリット・デメリット

例で言うと上の方。間隔が小さく詰まっています。

速い連打ではノーツが固まって降ってくるのでリズムや叩く順番などが目で見えてから頭で理解するまでに時間がかかるかと思います。スタミナを無駄にして良い方は一度MASTERの何か適当な曲を速度1でプレイしてみると感覚が分かるかと思います(かなり極端ですが)。

反面、画面に見える情報量が多いので、先の方まで見えるというメリットもあります。

少なくとも初期設定は遅すぎる

とりあえずノーツの速さは速い遅いにそれぞれメリット・デメリットがあって、一概にどちらが良いとは言い切れません。

しかし、デレステを初めとする多くの音ゲーでは多くの一般的な人間の感覚に対して、初期設定は基本的に遅すぎる方に設定されていると思います。初期設定だと「φωφver!!」とか5秒くらいで死ぬ人多いんじゃないでしょうか?

「どうやって叩くのか」を把握するためにまずはノーツの流れを把握する必要があります。その際に、ある程度速度を上げておけば初見でも結構対応できたりするものです。

けれども速いノーツが降ってくるというのも焦るものです。初期設定はその辺への配慮なのかもしれません。動体視力や反射神経も要求されますし、視覚的に速いのはキツイのかもしれません。

といってもノーツの速さに関わらず、本来叩かなくてはならないスピードというのは同じです。繰り返しになりますが曲自体が遅くなるわけではありません。少しずつ速さを上げて目を慣らしていきましょう。

最終的なスピードは反射神経と頭の情報処理能力、記憶力の兼ね合いで丁度良いスピードを決めるのが良いかと思いますが、個人的にはこのゲームならば「8~9.5」くらいにノーツのスピードを上げるのが良いかと思います。

個人的には「基本は8.5、乱打のある曲は9~9.5」あたりが見やすくて良いかなと思います。

もちろんプレイをしながら試行錯誤して随時変更しても大丈夫です。ごちゃごちゃ譜面を把握するために9.5まで上げて、覚えたら8に戻してなどしみたりというのもアリです。色んな曲で色々試してみてください。

ちなみに10だけは何故かオカシイですwwwスタミナを無駄にする覚悟で一回遊んでみるのも面白いかとwww

【追記】リハーサル機能実装により速度10で遊びやすくなりました・・・

スマホゲームということで画面が小さく、単純に物理的な問題で見える先のノーツの量も割と限界があります。なので「ノーツのスピード設定」というのは本当にとても重要かなと思っています。今まで弄ったことが無いという方は、まずはスピードを一つ上げてみましょう。人によってはそれだけで格段に繋がるようになります。

まとめ

難易度MASTERの曲でも初期設定のノーツのスピードは無駄に難易度を上げているだけです。少しずつスピードを上げて目を慣らして、最終的に速くしていきましょう。実際速くするだけで物理的にゲームの難易度が下がると認識しています。

是非一度おためしあれ。

その他の記事はこちら

【デレステ】音ゲーが上達する方法などまとめ
過去記事へのリンクまとめです。 目次の先にリンクがあるのでそちらからお飛び下さい。 はじめに スマホゲーム「アイド...