【ポケモンGO】タマゴを孵化させる為にジョギングをして健康体を目指すぞい

シェアする

ポケモンGOで健康になるぞい!

突然ですが最近非常に体力の低下を実感しています。中高年の体力づくりと言えばプールがコスパ的には最高かと思うのですが、自分の体力が無さ過ぎて何となく溺れそうな気がしてきたのでまずはプールに行けるように走ることにしましたww

効率厨の友人らとジョギング談義をしているとこんな横槍が・・・。

ポケGOランニング

天才かよ・・・。

もうプールはいいやwwずっと走ろww

というわけでポケモンGOのタマゴ孵化作業でジョギング(ランニング)でもしてみんなで健康体を目指すぞい!体重が気になる人はダイエットにもなるよ!運動は大切!

【雑記】ポケモンGOから学ぶこととゲームの未来について
最近ポケゴのことばっか書いてますね。理由は単純でその方がアクセスが稼げるから。とても雑で利己的な理由です。 そんな自分の視点でポケモン...

ジョギングのメリットや注意点

一般的に体力づくりにプールが良いと言われるのは故障率が低いからというのがあります。水の抵抗で負荷を掛け、全身をくまなく鍛えられる割に関節などへの負担が少ないらしいです。ドラゴンボールの10倍の重力で修行するあの感覚に近いのだろうか?すごく効率的に見えてきた。

それに対してジョギングは結構膝への負担は大きいらしいです。慣れない人はゆっくり短い距離から始めてみると良いかと。

ジョギングのメリットとデメリット

個人的にはタマゴの孵化が無くとも結構楽しいと思います。

一番の理由は「成長が見えやすい」からかなと。リアルって経験値とかレベルアップとかなかなか目に見えなくてクソゲー臭やばいですよね。でもジョギングってタイムや距離、自分の疲労感などで明らかに成長が見て取れます。そしてある程度までは誰でもやればやるだけ成長するんですよね。

なので結構モチベーションが維持しやすいかと。

他には

  • 気軽に出来る
  • 時間や場所の点で比較的融通が利く

辺り。デメリットはしんどいwww

注意点

怪我などには十分注意しましょう。膝を痛めると大変です。準備運動と運動後のストレッチを忘れずに。そして基本はLSD(Long Slow Distance)、遅いスピードで短い距離をゆっくり走る方が良いらしいです。

そしてこれは後述のポケモンGOの仕組みの中でも重要です。

運動不足の人のための注意点を一応別で別で書いておきました。運動不足な社会人は無理せぬよう気を付けましょう。

【健康】運動不足の社会人がジョギングや筋トレを始めるときの一番の注意点
無理はするな!マジで! 結論から言うとこれだけなんですがこれを説明します。運動不足な社会人なのでポケモンGO配信を機にジョギングでも始...

ポケモンGOにおけるジョギング

ポケモンGOでの移動距離は自転車や車は加算されないらしいです。なんでや・・・ゲームでは自転車乗ってたやろ・・・。

その基準は時速10kmらしい(重要

1kmを6分掛けて走る速さです。多分普通に自転車を漕ぐと余裕で超えてしまうかと思います。自転車はいわゆる「ママチャリ」で時速15~20kmらしい。

人間の歩く速さが大体時速4~5kmなので大体2倍くらい。

3kmを走る場合18分程度の時間をかけて走るのですが、体感的に結構遅いかと思います。中学生の頃のめっちゃチビだった自分でも15分そこいらで走っていたかと思うので、大人の歩幅でジョギングしたら意図的に遅く走るくらいかなと思います。

なので悲しいことに前述の「タイムを縮めるモチベーション」というのはこの点で否定されてしまう。まあその分長い距離を走って成長を感じよう・・・。

走ってみて感覚を掴む

どのみちLSDの方が健康には良いらしいのでゆっくり走るのがオススメ。あらかじめ距離が分かっている場合などはタイムを測って「はじきの法則」で計算しましょう。一応書いておくと

速さ=距離÷時間

です。1kmを6分かけて走る感じなので大体の目安はこんな感じ。

距離(km) タイム(分)
1 6
2 12
3 18
4 24
5 30

自分は河川敷の距離表示のあるサイクリングロードを走っているので距離が分かるのですが、そうでない普通の場所でランニングをするときはランニング補助アプリなどを使ってみると良いかと。

RunKeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡

RunKeeper ランニングもウォーキングも GPS 追跡
無料
posted with アプリーチ

ポケモンGOで健康体を目指そう

ポケモンの赤緑世代は結構体力の低下を感じている人も居るのではないでしょうか?

一般的に三十路を過ぎると体力が低下してくると言われていますが、それは半分は間違いらしいです。20代までに付けていった体力が、社会人になり運動量が減る生活を10年積み重ねて段々と下がり、それが30歳前後で実感として現れてくるというのが「三十路体力無い説」の真相らしい。

なので適度な負荷を掛けることで、それなりの年齢まで体力を維持することは十分可能です。40歳でもまだまだ行ける、というかうちのお隣さん夫婦は定年退職してても毎日ランニングしてるし60歳でも大丈夫なはず。

底上げするのにはそれなりの運動量が必要ですが、一度付いた体力を維持するくらいなら適度な運動量で大丈夫かなというのも何となく経験則で実感しています。

ポケモン世代の三十路前後のみなさん、体力がゼロになる前に少しでも維持および向上しましょう。

そして白黒世代以降の若いみなさん、軽い運動でも体力は結構維持出来ます。無くなってから付けるのは結構しんどいので、体力のあるうちに適度な運動で維持するのおすすめです。初日4キロ走ったら筋肉痛でバキバキになりましたww高校の頃は毎日5キロ走ってたのに・・・。

ゲームの進化がすごい

それにしても「ポケモンGOでアメリカが何年も解決出来なかった肥満問題が一瞬で解決するかもしれない」と聞いて一体なんのこっちゃと思っていたのですがこういう仕組みだったんですね。以前は「運動をしない不健康な子供を量産する」などと言われていたゲームが、むしろ運動嫌いの子供たちを積極的に楽しみながら運動させられるようになったというのは本当にゲームの進化を感じて素直にすごいなと思いました。

そして運動をしなくなったゲーム大好きおじさんをこうやって運動させてくれるようになっています。単に走るだけなら続かない人もいるかもしれませんがタマゴを孵化させるためなら走れるっていう人もいるかもしれません。

何事も楽しくやれるって本当に良いことです。

これからもゲームの進化で人々の生活が良い方に向かってくれるとゲーム大好きおじさんとしては嬉しいです。任天堂頑張れ(投げやり

コメント

  1. 名無し より:

    LSDはLong Slow Distanceの略ですよ!

    • みたーそ@管理人 より:

      >名無し様
      コメントならびにご指摘ありがとうございます。

      にわか知識なので用語ガバガバで申し訳ありませんww今ものすごく恥ずかしいですww
      訂正しておきます、本当にありがとうございました。