グリーンよりちょっと辛い?いなば「チキンとタイカレー(イエロー)」

シェアする

チキンタイカレーイエロー

コンビニで売ってる辛いものシリーズ第五弾。

いなばのチキンとタイカレー(イエロー)です。

グリーンを紹介したのにイエローを紹介しないのもなんだかなと思い紹介。

というか自分はどちらかと言えばイエローの方が好きだったりしますww

http://mitasonet.com/spicy-food/inaba-taicurry-green/

いなば「チキンとタイカレー イエロー」

これも一応コンビニで売っています。

けれどもネット通販でこの安さを見るとなんかコンビニで買うのも馬鹿らしいなとも思いますが・・・まあ「お手軽さ」がコンビニの利点か・・・。

グリーンと同じく本場タイで製造

このシリーズはどうやら全部タイで作っているようです。

個人的にはタイ料理の辛さはものすごく好き。

こちらもグリーンと同じく個人的にはそのままスプーンですすってお酒のつまみとして食べるのが美味しいです。

というよりも、白米にかけるにしてはちょっと量が少ないようなきがするんですよね。

グリーンとは異なり粘度が高めのカレー

グリーンは結構さらっさらなカレーでした。

本場でよくありそうな感じのやつです。

それと比べると、こちらのイエローは割と粘度が高くて日本のカレーに少し近いかとは思います。

それでも結構さらさらしてはいますけれども。

自分はスプーンでそのまますすって食べてるので、少し粘度が高い方が食べやすくて好きです。

それに加えて、こちらの方が少し辛いかな?と思います。

まあ色のイメージ的にも緑と黄色だったら黄色のほうが辛そうですがwww

http://mitasonet.com/spicy-food/inaba-taicurry-green/#i-3

個人的にはイエローの方がオススメ

味の好みなどもあるかもしれませんが、一応辛くて美味しいものを求めてるという体なのでイエローをオススメしてみます。

一番の理由はこっちの方が辛いからなのですがww

チキンタイカレーイエロー開封

「カレーは飲み物」ということでwww

見た目もまあ「イエロー」って感じでそのままですwww

グリーンと比較するとよく分かります。

実際この辺りはどういう調整で色が変化するんでしょうかね。

興味深いのでいずれ学んでみたいものです。

辛いものへの探究心は大切です。

実際の原材料のコピペ

鶏肉、ココナッツミルク、カレーペースト(にんにく、唐辛子、レモングラス、食塩、シャロット、ガランガル、カレーパウダー、こぶみかんの葉、こしょう、クミン)、大豆油、唐辛子、砂糖、食塩、増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸)、クエン酸

うん、グリーンと比べてもあまり違いが分かりませんwww

グリーンの原材料はこちら。

ついつい食べ過ぎてしまう美味しさ

このいなばの「チキンとタイカレー」シリーズは本当にオススメです。

好きな人はきっと結構ハマるかと思います。

しかしそれゆえに、欲を言えば3缶くらいスルスル飲んでしまうような美味しさです。

チキンタイカレーイエローアップ

コンビニでも売っていますがなんだかんだで沢山買うとなるとちょっと高いかなと思います。

セブンイレブンで200円近くで売っているのかな?

特にコンビニ限定ということもありませんので、沢山食べたいという方は近所のスーパーなどを探してみた方が良いかなとも思います。

以前は100円ローソンにも売っていたと聞きましたが今はどうなんでしょうかね。

ちなみに大きさは、内容量125gのものと80gのものがあるので、単純に値段だけ見てると危険ですのでお気をつけ下さい。

80gって結構少ないですww