シャドウバースの簡単な用語の意味などの解説

シェアする

スマホゲーム「シャドウバース(通称シャドバ)」の簡単な用語解説。

自分もあまりカードゲーム(TCG)に詳しいわけではないので今までよく分からないことが多かったので同じような人のために簡単に解説。それと自分のブログでそういう単語を使うときに何度も説明するのが面倒読者様がすぐ分かるようにリンク貼る用に残しているメモのようなもの。

初心者向けに分かりやすさを重視した雑な解説なので不備があったら指摘などしてくれるとありがたいです。

アグロの意味

速攻デッキみたいな意味。

例)アグロヴァンプ(略称アグロヴ)、アグロネクロ(アグネク)など

コントロールの意味

アグロの逆で、遅い展開を作るデッキ。

昆布

「コントロールヴァンプ」の略称の誤変換。

コンロ

「コントロールロイヤル」の略称

その他まあ色々。

ミッドレンジの意味

アグロとコントロールの中間。

コスト的な意味だったり、どっちでもイケるというニュアンスだったりと色々。意味もデッキ自体も中途半端、いやミッドロ強いですけど。

ミッドロ

「ミッドレンジロイヤル」の略称

その他クラスに合わせて略称などは色々。

フェイスの意味

アグロデッキの一種、というか基本パターンで「リーダーをひたすら殴るデッキ全般」をフェイスと呼んだりします。

TCGの基本は「相手の本体の体力をゼロにする」という感じですが、相手の本体を直接殴ることを「顔を殴る」などと言います。由来は知らん、気になったらググってください。

顔を殴る

前述のとおり相手のリーダーを直接殴ることです。

「盤面を無視して」みたいな意味が隠れていることが多い。

テンポの意味

ミッドレンジ?の一種。

フェイスの逆で盤面を重視した感じのデッキがこう呼ばれたりします。「テンポエルフ」とかがそんな感じ。

テンポエルフ

フェアリーをいっぱい出して風神とかシンシアで殴るデッキ。

その他○○デッキ

特定のカードをキーカードとして使っているデッキをまとめて言ったりします。

「超越ウィッチ」とかがそんな感じ。ウィッチのカード「次元の超越」を使って勝つデッキ全般がそう呼ばれたりします。もちろん超越デッキ自体は千差万別です。色々な超越がありますし、色々な超越があるからこそ面白いというのがカードゲームです。

以下ありがちな主なそういうデッキの略称など。

疾走○○

カードの性能「疾走」をメインにしているデッキ。

要は「顔を殴れる」ということ。フェイスの一種です。

超越ウィッチ

「次元の超越」を使うウィッチ。

ターンスキップ出来る唯一のカードなのでまあ腐ることは無いですしこれからもよく見る単語かと。

冥府エルフ

「冥府への道」を使うエルフ。

エルフの他にも土ウィッチとかでも使う冥府。まあフェアリーを大量生産して捨てられるエルフは冥府と相性が良いのは分かります。

その他色々

例を上げればキリがない(庭園サタンなどのロマン含む)のですが、まあ具体的なカード名を挙げての略称も多いです。その辺はカードを見ればすぐ分かるので、色々なクラスに触れてみてください。

「スタッツ」の意味

カードの「体力と攻撃力の合計」みたいな意味。

なんかカードの「コストに対しての攻撃力や体力」の数字や割合で使われることの多い単語。

例)スタッツが高い(低い)など

シャドバの用語や略称まとめ

他にも思い付いたら書き足します。

これらは別に知らなくてもいい単語ですが、「知ってると会話がラクになる」かもしれない単語です。だいたいで良いので適当に覚えておくと色々便利かなーと思います。というかみんなそういうことを知っている前提で話しているので。攻略サイトとかは不親切ですね(おまいう