【シャドバ】初心者向け安くて軽い御旗ロイヤルデッキ

シェアする

シャドバのデッキ紹介。

それなりに作るコストが安くて、それなりに強くて、それなりに戦い方も簡単で、それなりに一戦が早く終わって時間効率が良くて使いやすい。けれどもそれなりにちゃんと弱点もあるのでその辺は割り切って諦めている感じのデッキです。

良くも悪くも初心者向け。そして効率厨向けです。序盤のBP稼ぎなんかに使うと良いかも?

初心者向けの簡単御旗ロイヤルデッキ

いわゆる「御旗ロイヤル」みたいなデッキがとても安くて強くて使いやすいです。ストーリーモードで手に入るプライズカード「王家の御旗」をメインで使う感じのデッキです。

4コスのアミュレットでロイヤルの「司令官」、効果は場の「兵士」フォロワーが+1/+0されるという感じのカードです。これで兵士をたくさん出してひたすら殴るだけのデッキ。簡単ですが面白いかどうかは分かりません。まあひたすら殴るの結構面白いですけどww

真面目に組めばそれなりに高くてもっと強いデッキが組めるかもしれませんが、とりあえずとても安く組みます。使うゴールド以上のレアはゴールドの「アルビダの号令」だけです。最悪なくてもいいけど無いと多分もっと弱くなるww

安い御旗ロイヤルのメリット

とりあえずメリットは

  • 安い
  • 強い
  • 簡単
  • 早い

くらいかなと。使うレアはゴールド3枚のみ、最悪もう少し弱くなりますけどそれすら他で代用しても良いです。それでいてそれなりに強い。アグロ(速攻)系なので手札やドロー次第では普通に5ターンで完封出来ます。そしてそんな感じなのですごく相性の悪いなデッキみたいなものががあまりありません。あまり環境に左右されない感じ。

戦い方は4ターン目にフォロワーがなるべく多くなるように3ターン過ごして、4ターン目に御旗を出し、あとは多目に入っている疾走でひたすら殴るだけです。早いときはめちゃめちゃ早いし敗北の察知も早いので負けそうなら適当にリタイアしてもいい。Aランクでもそれなりに勝てるので、低ランク帯でならBP稼ぎの効率が良いかなと思う。自分じゃ分からないので誰か試してみて・・・。

デメリットと理由・対策など

安いからそれなりに弱いです。これは仕方がないので諦めよう(投げやり

ドロソ(ドローソース、手札を増やすカード)が少ないので手札が切れることもそれなりに多いです。泥試合になると大抵負ける。ただ一応少しはあるし引きやすくなるよう対策はしてあります。あとは疾走をかなり多目に入れているのでゴリ押しで早めに終わることを祈ろう(運任せ

早いというメリットの反面、わりと序盤で勝負が決まってしまいます。慣れてくると3ターン目くらいで勝敗が見えてしまいます。そして慣れ過ぎるとちょっと作業感が出てきてつまらなくなるかも。まあロイヤルのレベル100くらいまで遊んでみてください(適当

AoE(全体効果)のダメージみたいなもの)で焼かれると一瞬で死ぬ。エンジェルバレッジ程度で終わる。体力1のフォロワー多いしね。とても儚い・・・。

そのくらいかな?

デッキ構成

ざっと。面倒なので画像略。名前は(多分)正しいからカード検索してちょ。

コストの構成

コスト 枚数
1 6
2 12
3 9
4 7
5 3
6 3
7 0
8 0

軽すぎでわろたww

カードタイプの構成

カードタイプ 枚数
フォロワー 33
スペル 4
アミュレット 3

偏りすぎでわろたww

フォロワーは注釈が無ければ基本的に全部兵士です。というか兵士30の指揮官3。めちゃめちゃ偏ってます。

コスト1

ちょっと少ない。仕方ない。

ヴァンガード・・・1/2の普通の1コス

クイックブレーダー・・・1/1の疾走

コスト2

そこそこ多い。

オースレスナイト・・・1/1のフォロワーが2つ出る

ケンタウロスヴァンガード・・・2/1のフォロワー。場に指揮官が居ると疾走が付く

歴戦のランサー・・・2/2の守護。序盤の雑魚フォロワーを牽制してもいいしリーサル(勝ち確)間際の調整にも使えるし軽くて万能。このゲームは守護が意外と大事。バスケのリバウンドくらい大事。

メイドリーダー・・・1/1のフォロワー。ファンファーレでデッキから指揮官を持ってくる。

コスト3

アセンティックナイト・・・1/2のフォロワーが2つ出る。ちょっと良いオースレスナイト

ノーヴィストルーパー・・・2/2の疾走

冷酷なる暗殺者・・・1/1で必殺のフォロワー。場に指揮官があると疾走が付く。中盤のやや強いウザいやつを除去したり、リーサルでは疾走や強めの守護除去で役に立ったりで有能

コスト4

フローラルフェンサー・・・可愛い(豚並感)。多分ストーリーモードなどで手に入るプライズカード。そしてロイヤルの強ムーヴ(別名害悪ムーヴ)のひとつ。3/4のフォロワーなのですが進化すると4/5で他に2/2と1/1のフォロワーをひとつずつ出す。御旗を考慮すると合計10ダメなので相手からしたら極力全部除去なのですが3つ除去は意外と大変なのでホント厄介。進化は基本的にこの子。後攻で大活躍。

王家の御旗・・・司令官のアミュレット。場の兵士フォロワーを+1/+0する。メインのカード。引けないと勝率がガクッと下がる。プライズなのでストーリーを進めて手に入れよう。

コスト5

アドバンスブレーダー・・・3/4のフォロワー。ファンファーレで兵士カードを2つ手札に持ってくる。手札の枯渇しがちなこのデッキでほぼ唯一のドロソ。そして進化して5/6なので数少ない中盤以降のまともな戦力のフォロワー。メイドリーダーで持ってこれる反面、御旗を引きたくても邪魔をする色々と思うようにいかない子。男だったら激おこだけど可愛い女の子だから許してあげよう(豚並感

コスト6

アルビダの号令・・・3/2疾走と2/3守護を同時に出すスペル。唯一のゴールドレア以上のカードだけど有能過ぎるのでやはり必要。ロイヤル害悪ムーヴのひとつ。御旗前提だと進化して6ダメの疾走だったり、4ダメの疾走と進化して5/5の守護だったりと使い分けできる万能さが魅力。

その他

これまでの全部を3枚ずつで39枚。あとの余りは適当に1枚入れたりどこかを削って2枚ずつにしたり。その他は一番のネックっぽいドロソを適当に入れたりすればおk

師の教え・・・1コス。自分か相手のフォロワーを+1/+0してカードを1枚引く。ちょっとダメを増やしてPP調整したり後攻の1ターン目で何もすること無かったりしたらカードの入れ替え的に使ったり。完全に調整用だけど色々調整出来るので有能

軍師の妙策・・・4コス。場のフォロワーの数だけ手札を引ける。普通にドロソ。4ターン目に御旗を持ってなかったりしたら使うかもくらい。他に碌なの無いから一応入れるって感じ

ニンジャエッグ・・・1/1の潜伏。ほぼ確実に1ダメ与えられる。このゲームにありがちな「1ターン目することが無い」という状況を少しでも改善するために入れる。たまにリーサルで役に立つ。

戦い方

基本的には「御旗を引いて殴りまくる」だけ。

最初の手札と引き直し

御旗があるのを祈ろう。無ければオースレスナイトとアセンティックナイトを優先。要は「序盤のフォロワーの数を多くする」感じ。

逆に「司令官が居ると疾走」系はお呼びでない。

メイドリーダーは1/2の確率で御旗になるから必要。

1~3ターン目

フォロワーを出してリーダーを殴る。

大事なのは攻撃力の総和よりも数。なのでオースレスとかを優先的に出したい。4ターン目に殴れるように数を増やそう。

4ターン目

先攻と後攻で分かれる。

先攻は進化不可能なので持っていれば御旗確定。そうでなければケースバイケース(適当

後攻は進化可能なので盤面次第。フローラルフェンサーは超有能だけど出して進化したターンでは本人以外殴れないし、御旗は出したターンに殴れるのとそうでないのとでは大違い。出したらそれだけで1ターン潰れるからその辺はホント慎重に。

御旗は概念的に「出したターンのダメージがフォロワーの数だけ増加」みたいなもんなので、殴れるフォロワーが多いターンに出すのが一番効率が良い。

5ターン目以降

基本的に軽いデッキなのでそろそろ手札が尽きる。

相手のライフを見ながら、リーダーを早く殴り殺すか8ターン目くらいまでを見越して手札を補充するかで色々と。

ここでもメイドリーダーは運ゲーだけど有能。基本的に御旗かアドバンスブレーダーを持ってくるので、殴るならば2枚目以降の御旗でリーサル調整、アドバンスブレーダーなら兵士を持ってくるからその疾走でリーサル調整みたいな感じになる。どのみち追加の数ダメに役立つ。

ちなみに場に御旗がある前提だと、全カードで疾走持ちが15/40になる。全部2ダメ以上と考えるとかなりすごい。ひたすらリーダーを殴ろう。

手札が良ければ完封

全部揃っていれば4ターン目に殴り終わって相手は一桁。進化込みで疾走を考慮して3回殴れば大体終わる。守護あっても誤差。大体リタイアする。

ハマると超強い。

泥試合でも多少いける

ゆうて2/3以上疾走なので少しずつ削れる。手札さえ尽きなければ殴りまくり。

御旗ロイヤルは安くてオススメ

こんな感じです。

アグロヴァンプほど先攻勝ち確は出来ませんが、まあまあ安くて強い。ゴールドは3枚だしアルビダは構築済みデッキに入ってるから買ったら一瞬。早いから時間効率も良い。

やりすぎると作業感が出てきて飽きますが、まあロイヤルのレベル上げをしたいかもという方には大分おすすめ。

もちろん「安かろう悪かろう」の精神でそれなりには安いから弱いです。対策されたら死ぬww

でもまあそれなりに強いからお試しあれ