自分で気付いていない自分の欠点を知る方法

シェアする

エロマンガ先生3

「自分の欠点の知り方」とかそういうお話。

自分の欠点を直したり上手く付き合っていったりというようなこと。「より善く生きるために!」とかいうほど大層なものでもないのです。そもそも自分はそんなに意識が高くない。まあ普段少しは気を付けてみようかなという日常的なこと。

人間誰にでも欠点というものはきっとあるはずなんですが、それを自分で気付いているのならば出来れば直したいと思うものかと。自分で気付いていない欠点は、知らずのうちに誰かを傷付けたり他人に嫌われる原因を作ったりするかもしれませんからね。まあ放っておくと損なことは多いと思います。

そんな「自分の欠点」のお話。

自分で分かっている自分の欠点

まあ色々あるかもしれませんね。自分もあります。たくさーーーーんあります。

直したいと思うなら頑張って直しましょう。

頑張れ。

自分で気付いていない自分の欠点

でもやっぱり自分の欠点というのは全部が全部はなかなか気付けないものですよ。というのも自分の欠点を見付けるというのは多少なりとも今の自分を否定するということになるかと。欠点を放置するのもよくありませんが、常日頃からそんなにネガティブに生きるというのもやっぱりどうかとは思いますしね。まあそんなわけで意外と気付いていないことも多いかと思います。

そんなときにちょっと小耳に挟んだお話がなかなか的を射ていたので最近は気になっています。

自分の欠点の気付き方

どこかで見た話でソースは忘れてしまったんですけど、どうやら人間は他人に不快感や嫌悪感を覚えるとき、その他人を通して自分で気付いていない自分の嫌いなところを見ているから嫌いになるというお話を耳にしました。これが個人的にものすごく「なるほどなー」と思うところ。

もちろん全部が全部ではありません。普通にクズを見てクズだなって思うこともありますしそこはそことして。

誰か他人にイラッとしたり、この人嫌いだなと思ったとき、何故嫌いなのかなどを少し考えてみると面白いです。そしてそれを分析して考察してみると、表面上はそうでなくとも本質的には自分も同じようなことをしているなと感じるようなものがあるかもしれません。

それが多分、表面上の自分が気付いていない自分の欠点です。無意識で「本当はダメだなー」と自分で自分自身を嫌っているところなのかもしれません。

この欠点は直すべき

人間誰にでも欠点はありますが、だからといって全部直せばいいというものでも無いかなと思います。長所と短所は裏表みたいなものですし、ものによっては上手く付き合っていったり長所に昇華したりすることも大事かなと思います。

けれどもこうやって見付けた自分の欠点というのはやっぱり直した方が良いかなと。無意識の自分自身が「こんな自分は嫌いだな」と思っているところなので、まああまり放っておくのも良くないような気がします、精神衛生的に。

自分の欠点の直し方

まあこれは各々考えてください(投げやり

というかくり返しになりますが長所と短所って裏表みたいなものです。

同じような行動でも、あいつは我儘だーなどと言われることもあれば他人を引っ張っていけるリーダーシップがある人だなんて言われることもあります。どう違うかって言われたら難しいもんです。受け取る側にもよることですしね。

まあ真面目に頑張って生きていればそうそう悪いことにはならんとは思います。あさっての方向に頑張りすぎるとそれはそれで周りは迷惑なものですが、その辺は程々に。

まとめ

要するにみんな個性があって、欠点や長所などがあるということです。あまりネガティブに気にしすぎるのは良くないです。

ただ大事なのは「自分のことをよく知る」ことかなと思います。そのためには、自分が嫌いだなと思った相手のことをよく見てみることも意外と重要だなというお話でした。いや本当に相手がただクズなだけのこともあるのでそこはまあ別なのですがww

余談、自分のこと

なんでこんなことを書いているかというと、まあこんな感じのことで自分自身がちょっと苦い思いをしたからですww

自分はわりとここ最近は嫌いな人とは距離を置いて生きています。必要以上にストレスを溜め込むのも良くないかと思ってのことです。ただこれにもやっぱり弊害があって、なんとなく変な人間になってしまいやすいのではないかと自分で感じています。

もちろんどっちが正しいということではありません。やはり本来不要なストレスを無駄に溜め込む必要もないわけで。

まあ何事もほどほどが大事ということです。中庸の徳というやつですな・・・。