アイマスコンテンツのコラボはただのコラボではないというお話

シェアする

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%ab%e3%81%ae%e3%81%8a%e4%bb%95%e4%ba%8b1

最近シンデレラガールズが色々とコラボをしていてふと思ったこと。アイマスのコラボはコラボではないと考えられるのではないかというお話。

アイマスのコラボについて

スマホゲームなんかは色々過去作品とコラボなんかをしたりしていますよね。パズドラなんかが有名ですが、過去の漫画や他のゲームなどと色々コラボをしています。新規顧客を開拓するためだったり既存のユーザーを喜ばせるためだったり。

自分は最初「世界観が壊れるからやめてほしいな・・・」などと思っていましたがやってると慣れるもので。まあこうやって色々と相互にコラボすることはわりとWIN-WINなことが多い気がしてきて最近は結構好きです。

そしてそんな「他コンテンツとのコラボ」なのですが、アイマスも色々やっていたりするわけです。自分は今はシンデレラガールズくらいしか触ってませんがまあ色々と。昔ローソンでバイトしてたときはクリアファイル配ってたりもしてました。

最近はデレステが同じサイゲのゲームのグラブルやシャドバなんかとコラボをしていたりします。

コラボではなくアイドルがお仕事をしている

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%89%e3%83%ab%e3%81%ae%e3%81%8a%e4%bb%95%e4%ba%8b2

そんなときにちょっと思ったこと。これはただのコラボではなくアイドルがお仕事をしているのではないか?という考え。

アイマスはもともとアイドルをプロデュースするコンテンツです。アイドルのお仕事は歌って踊ってライブしたり、握手会なんかをしてみたりテレビに出てみたり。タイアップして商品を紹介したりすることも立派なアイドルのお仕事です。AKBが缶コーヒーのパッケージに出てたりみたいな。

長い間応援されてきたアイマスコンテンツが、だんだんCDを出したり中の人がライブをしたりと色々と本物のアイドルのお仕事と同じようなことが出来るようになりました。いわばアイマスってコンテンツ自体がわりとAR(拡張現実)みたいなものなんですよね。

アイマスのコラボはただのコラボではなくライブなどと同じようにアイドルのお仕事のひとつが現実で再現されるようになったのかなと考えることもできるなと思いました。ゲームの中のテキストのみでやっていたアイドルのお仕事がまたひとつ現実になったのだなと。

そう考えると、ゲームをプレイすることと同じくらいコラボに参加することにも意味があるのではないかなーと最近は思っています。課金してポチポチするのも良いですが、同じくらいタイアップ商品を買ったりローソンでお買い物をしたりコラボに乗って他ゲーをプレイすることも大事なのではないかなーと。

アイマスってすごい

もともとゲームの中のキャラクターだったアイドルたちがこうやってどんどんリアルに近づいていくわけです。これは本当に中々感慨深い事象だなと感心しています。思えばアニメなんかも映像コンテンツとして楽しませるという意味ではアイドルがドラマに出演したりしているのと同じような感じで捉えられますしね。

みたいなことを、デレステに実装された「キミとボクのミライ」のMVを見ながらふと思いました。

夢を初めて願って
今日までどの位経っただろう
ずっと一日ずつ繋げよう
夢は自分を叶えるために
生まれた証だから

劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 』主題歌 M@STERPIECEより)

初代稼働当初からゲームの中でアイドルが願った夢が、そして中の人や多くのプロデューサーが願った夢が、科学技術の進歩などにより少しずつ叶ってきているかと思うとなんだかすごいなーって思います(小並感

個人的にはポチゲーやガチャがあまり好きではないので、ああいうものの課金ではなくリアルな世界でも少しずつお仕事でお金が稼げるようになるといいなーなんて思っています。

とりあえず時間を見付けてグラブルやシャドバでも少しやってみようかな。まあグラブルは思いっきりガチャゲーですけどねww

グランブルーファンタジー
グランブルーファンタジー
開発元:Cygames, Inc.
無料
シャドウバース (Shadowverse)
シャドウバース (Shadowverse)
開発元:Cygames, Inc.
無料

それにしても今さらながら江戸切子が欲しくてしょうがないです・・・再販してくれないかな・・・。