【アニメ】電波教師が意外と面白かった【感想】

シェアする

電波教師

アニメの感想です。

実はそれなりにアニヲタに分類される人種なのでたまにはアニメの感想でも書いてみようかと。

「期待の大作」みたいな超人気出そうなもので書いてもつまらんし弱小ブログだから埋もれてしまいそうなので、せっかくだしアニヲタさんからはチェックの薄そうな夕方アニメからピックアップしてみようかと。

というのは後付けで、たまたまさっきやってたのを観ただけですwww

アニメ「電波教師」の内容と感想

事前知識は全く無いのですが小学館の提供ですしCM的にも原作はサンデーの漫画でしょうかね。

(そんくらいググれとは突っ込まないでくださいwww)

「オタク教師の破天荒な教育」って感じの話かなーと推測。

1話を観た限りでは内容自他は可もなく不可もなしといった感じ。

けれども最近変に奇をてらったものが多すぎるので、こういう本当に普通のものは逆に安心して観られるので個人的には好きだったりします。別に誰も死ななくていいですし本質と関係無いのに勇者も魔王も要らないです。

とにかく「割りと安心して観られる」というのが強みかなと思ったアニメでした。

ヲタネタを全面的に押し出すことの是非

そんな感じで内容的には少年漫画っぽい内容ではあったのですが。

これもすっかり時代の流れというのか、オタク教師が活躍する番組を夕方に放送するってどうなのかなーとアラサーの自分は思ったり・・・。

(基本子供向けの夕方アニメをアラサー男子が観ている時点ですでに保証対象外ですがwww)

ヲタネタのアニメは「俺妹」辺りをきっかけに無駄に流行りだして最近では珍しくもないというか食傷気味ですが、それでもやっぱり夕方にやるのはどうかとも思うんですよね。ライブ配信やら2ちゃんやらそんなものを出してしまって・・・。

などと言うと、「最近の犯罪はなんちゃら~かんちゃら~」と言い始める識者()な人々と同類っぽい言い方になってしまうのであまり言いたくは無いんですけれどもね、考え方も古臭いといえばその通りです。

まあサンデーで連載されているくらいだし、今更放送時間帯についてどうこう言うのも間違っているのかもしれませんね。

つーかそもそも「神のみ」が長期連載されているような雑誌ですしwww

(別に馬鹿にしてません、というか神のみは好きなアニメベスト10に入るほど好きです)

「いじめ」を「犯罪」と言い切るスタイル

というわけで第1話はいじめに関するお話でした。

声優志望の女の子がDQNグループにいじめられるというストーリー。

なんていうか・・・フィクションとはいえ表現が酷いですね。

チョークの粉を飲ませるとか・・・梅澤漫画かよ!って感じです。

いや、梅澤先生はもっとエグいの描きますがwww

まあ最近の現実の犯罪と比べると可愛いもんかなとも思ってしまいますが。

ただ、オッサンの自分はこの辺が自分は好感が持てたところの一つではあります。

子供向けアニメはやはり善悪をはっきりさせるべき

この第1話ではこのようないじめを「いじめではなく刑法で定められた立派な犯罪」と言い切っています。

こういうスタイルは嫌いではない、というか好きです。メインの読者層の少年にはもしかしたら伝わらないかもしれませんが、大切なことを伝えようとしている意志は感じます。少なくともオッサンの俺は観ていて気持ちの良いアニメでした。

なるほど、良い漫画ではありませんか。

唐突に昨今のサブカルメディア規制について

原作は未読ですが、アラサー的にいじめの内容は正直結構酷いと思います(現代は知らんwww)。

ちょっと小五月蝿い人に見つかったら「キセイダーキセイダー」言われてもしゃーないなと。

しかしそうではないかなと自分は思います。

嫌な表現があるアニメ、漫画やドラマなどが子供に悪影響を与えるなどと言う人がいて、そういうものは全て規制して子供の目に触れないようにしようと言っています。

けれども、それってどうなんでしょう?

単に臭いものに蓋をするだけでは無いでしょうか?

そうすれば確かに嫌な表現のものを観ることは無くなりますが、結局それで途切れてしまうんですよね。

全てのこういう表現が規制された後の世界では、まだ善悪の判断が付かない子供らは「悪いこと」が「悪いこと」分からないままになってしまうんですよね。

駄目なこと、痛いこと、やられたら嫌なこと、やってはいけないことなどを知らぬまま育ってしまうからこそ、変な事件を起こしてしまう気がするんですよね。

やってはいけないことをフィクションで見せて「これは絶対やってはいけないこと」と物語の中で上手に見せることは正しい教育かと思います。

大石こうじ先生の「いぬまるだしっ」でも言われていますよね。

「登ったら危ないから高い木を切るのではなく、正しい木の登り方を教えるのが本当の教育」と。

丁度まさにそんな感じかなーと。

安易な規制で必ずしも良い方に進むとは限りません(というか今の政治の規制は大体碌でも以下略www)

などということは多分大石先生の方がちゃんと語ってくれてますwww

「いぬまるだしっ」は地味に名作ですので是非読んでみてください。

少年漫画の王道「勧善懲悪」

なんか思いの外真面目な話になってしまったので適当に切り上げてしまいますwwwそういうブログじゃないんでwww

とりあえず、自分はこういうスタイルの漫画は嫌いではありません。むしろこれが1話だとしたらとても続きに期待します。

「勧善懲悪」はベタベタですが少年漫画の王道ですよね。バトル物の非現実的な悪を倒すのも面白くはありますが、こういった割と現実的な悪を「悪」と言い切って成敗する。非常に少年漫画っぽくて良いと思います。

まどマギは面白いですがそういうのばっか観てても疲れるし、オッサンには結構ツライんじゃないですかねwwwたまにはこういう「ものすごく普通」のアニメを観てみるのも面白いかと思います。

個人的には結構面白い部類のアニメですのでオススメします。

各所で言われている「妹の声」以外は素直に楽しめる良いアニメかなと思いますwww