【仮想通貨】BTCFXみたーそ式爆益プログラム「未来日記メソッド」3

シェアする

第3回目として、元々はトレーディングビューの使い方でも書こうかと思ったのですが画像が何故かうpできないので予定変更。今回は前回の続きというか延長線上にある「FXというゲームはそもそもどんなものなのか」「それに勝つにはどうするか」みたいなもの。

FXというゲームについての個人的感想

基本的にはTCGやババ抜き、格ゲーみたいなものかなと思っています。ある程度のスキルや知識で平均勝率は上げることができます。ただここ大一番はやっぱり「読み合い」とか「意表を突く」ことが大事です。簡単に言えばDTCGなら、ランクマッチとかはお手軽テンプレラダーデッキなんかで回したりしますが大会にそれをそのまま持ち込む人はあんまいませんよねっていう。対策して意表を突くような戦術の方が勝てる。

それをチャート上でやってくるのが「大口様の介入」というわけです。それを確実に読むことは正直多分不可能。相手はやりたい放題なわけなので。

一度退場しかけて学んだこと

ぶっちゃけ一度ほぼ退場しかけてますww元々「1万円を1億まで増やそう」みたいなノリで適当に始めたのですが、2日間調子よく勝ってその後1日で残り2000円くらいまで落ちたのでもう1万入れましたww

そのときにようやくこのゲームの本質を理解したので再チャレンジすれば行けそうかなと思ったので再開したわけですが、まあ色々な学びもあってなんとか無くなった分戻ってきて普通に利益出てます。

まあFXは基本的にはチャート通りで勝てます。自分は適当にググって出てきた「投資の教科書」みたいなアフィサイトを読んだだけで最初大分勝てるようになりました。

ただそれは結局「ランクマで勝てるようになっただけ」だったわけです。なので意表を突いた特大のワンパンで大ダメージを喰らいました。

よくあるFXの基本「トレンドに逆らわない」とか「損切りを明確に」とかそういうの色々あると思いますが、言葉で分かってても感覚として掴みづらいと思います。んで感覚として分からないから損をするまで覚えられないし実践もできない。

それをなんとなく損をする前に分かるように解説できたらと。

意表を突かれたときが大きく動く時

実際軽く勉強してみれば分かりますがチャートは基本的には本当に教科書通りに動きます。適当に線を引きまくって動きを予測してその通りに売り買いしてれば9割勝てます。

ただ、所謂「コツコツドカン」の負けパターンにもなりうるのが怖いところ。予想通りに値が動かなかったときこそ、人はうろたえ冷静な判断を失い大金が動き大きく価格が動きます。ちなみにワイはこれで負けましたww

よくラインを引いて「ここがブレイクポイント」とか言うのが教科書通りのランクマッチ。実際のFX大会では「予想と逆に行く」ことがとても多く、そういうところが大口様がきっかけを作ってたりするのかなと思います。そこが本当の意味での「ブレイクポイント」で、めちゃめちゃ価格が動きます。一瞬で焼かれます。

実際の例

これは昨日の暴落の前のチャート。矢印が教科書通りの動きで実際の動きが現実。

(一応付け加えておくとこの平行四辺形の他に大きく見て直角三角形作ってるので普通に下に行く可能性は元々結構高かったんですがまあそこは今回は置いときます)

BTCFX2

ワイがよく見てる並行チャネルみたいなやつ。これは基本的には入った方の向きに出て行くので教科書通りだとこうなります。下向きに緑で入って下に出て、途中で作った赤に上向きに入って最後は上に出る。ただ実際は色々な要素が相まって下抜けしました。結果狼狽の大暴落。

さらに言えばもう少し長い目で見て、数日前に「時間足逆三尊できたしこれで上がるかも」みたいな期待が世間にはあったかと思います。しかし結局は上がらなかった。これも予想外の動き。

もっと大きい目で見ればこういう並行チャネルも引けます。

BTCFX3

小さい逆三尊をもどきを描いて一旦上抜け。これはゆるやかに上昇するのではと思わせてからの暴落で慌てさせるという感じ。

(まあ並行チャネル自体が「トレンド継続」のシグナルらしいんでこういう緩やかな下落から急な下落に入ったときの矢印が上に抜けるのかは正直分からないんでこの辺は勉強不足感。とりあえず「心理的な分析」の例として挙げてます)

大衆心理と大口様の動き

まあこんな感じで見ると大衆の動きはとても分かりやすいです。自分でも分かるくらいだから大口様もそのくらいは分かっているかと。なのでチャートを作りやすいです。

自分のよく言ってる「チャートを作る」っていうのは、何も板を焼き払って完璧な値動きを描くことではありません。

BTCFX4

1でちょっと買い支えてあとは勝手に大衆が上げてくれて、2でちょっと売り浴びせて止める。あとは勝手に「うわああああああああ仮想通貨はもうおしまいだあああああああああああ」ってなるので下で待って買い直すってそれだけな気がします。

これを常に頭において、教科書通りにトレードして勝ちながら「万が一に備える」というが生き抜くために非常に大事だなと退場して思いました。

そのためにはどうすればいいか

結局いつもの「トレードの心構え」みたいなのに落ち着きます。それらの背景はこういう「大衆心理とそれを誘導する力がどこかに潜んでるよ」っていうことを理解してもらえれば、少なくとも爆死することはなくなるかなと。

明確な損切り

要は「予想外のワンパンが入ったときが一番動く。だから「爆死しないように損切りは早めに」ってなります。

みんなが慌ててると普通に注文通りづらいですし。特にうんこフライヤー。

トレンドに逆らわない

予想外の動きだったとしても損が少なくて済むようにトレンドに逆らわない動きが大事。大きなトレンドに沿っていれば多少焼かれても死ぬことはない。逆に先日の大暴落でロングを入れていたら確実に死んでいる。

まとめ

相場の基本ってのは本当に人間心理の理解から入るととても分かりやすいかと思います。チャートは物理の数式みたいなもので、まあ時短として覚えておくのは普通にテンプレ行動で必須なのですが、その公式はどうやって求められるのかみたいなものが人間心理だと思うので、チャートを見てトレードしながらその辺を学んでいくと多分爆益。

あとこの辺の心得みたいなものはhenashamp先生の固定ツイが超分かりやすいので引用しておくので参考にしてくださいww