転売って悪いこと?転売屋やせどりについて思うこと

シェアする

みなさんは「転売屋(転売ヤー)」という言葉をご存知でしょうか?

ちょっと前に情報商材系の話で言えば「せどり」などの単語でも流行ったアレです。

要は「安く買って高く売って利益を得る」というアレです。

賛否両論あろうテーマで、書いたら叩かれるかもしれませんが敢えてこのテーマについて書かせていただこうかと思います。

転売屋は悪なのか?

個人的にはNOです(あくまでも個人的な意見です)。

まあ正直色々問題もあるかとは思います。

一般的に最近で問題になったことと言えば、JRの東京駅100周年限定Suicaの騒動などが有名でしょうか。

アレなんかは完全に転売屋が問題になっている本質の典型的な例かと思います(販売者側の責任を含めて)。

アニヲタ視点でも同じことが頻繁に起こっているわけで・・・。

限定品などが、本来普通に買いたかった人が買えず、転売屋が買い占めたりして無駄に価格が釣り上がるような事象が主に問題視されているのかと思います。

普通に買いたくて並んで買えなかった人からすれば怒りで腸が煮えくり返るのも分かります(東京駅がまさにそんな感じ)。

しかしそれでも、例え自分がそんな立場になることがあるかもしれないとしても、やはり転売屋の存在は否定は出来ないかと思います。

それは、彼らに「リスク」が存在していることも知っていますし、実際に自分が彼らから物品を購入することが出来て本当に有り難いと思うことがあるからです。

自分が転売屋に頼る理由

これらの例を挙げる以前に、少々弁解をしておきます。

勿論基本的には、普通にその物品を欲しい人が普通に手に入れられればそれが一番良いです。

そして、転売屋がそれを妨げている可能性があることも重々承知です。

それでもなお、自分が転売屋を擁護せざるを得ないし、彼らの功績を理解して欲しいと思うので書いています。

単純に競争に負けて買えなかったけれども金に物を言わせる

どうしても限定品が欲しかったけれども競争に負けて買えなかった。

けれどもヤフオクを見ると、かなり割高だけれども出品されているではないか!!

どうしても欲しかった限定品ならば自分は買ってしまう可能性が高いです。

(というより何度か買いましたwww)

これは悪いこととは思えません。

例え自分が並んで競争に負けた、それが転売屋のせいだとしてもです。

彼らは自分より買うことに必死で、自分は結果的に競争に負けただけです。

競争に負けた自分に、金銭という対価で勝ちを譲ってくれようというのです。

これを「足元見られている」と取るか「有り難い」と取るかの違いです。

物欲に対しての価値観の違いであり、自分は欲しいものがお金で買えるならばそれは別に構わないかなーと思います。

どうしても欲しけりゃ奴らに勝てば良いだけですし、その環境すら無いわけではありませんしね。

まあこの辺は個人の捉え方なので、問題になりかねないところでもあるので強くは主張しません。

実際自分が負けた立場であったら、理解はしていても単純に悔しいですしねwww

問題はこれ以降です。

当時は興味が無かったけれども後から猛烈に欲しくなる

自分が「転売屋を本当に有り難がる事象その1」ですwww

これは誰に否定されようとも自分だけは彼らの功績を認めてやりたいです。

というわけでこれ!

なんというか・・・単純に存在を知りませんでしたwww

どうやらセブンネットで3000円で販売されていた模様。

他所様のブログで存在を知りませんでした。

完全に自分が情報弱者だっただけなのですが・・・。

正直ものすごく欲しいですwwwwwwwww

どうやら予約受注生産っぽいです。

そして締め切りは4月30日・・・。

これの存在を知ったのは先々週くらい・・・。

こういうときに転売屋が有り難いと思います。

確かに存在を知らなかった情弱な自分が悪いんです。

しかしそれを助けてくれるのならば・・・。

彼らは情報を集めるということに関して努力をしたはずです。

その努力への対価として割高な1500円を払っても良いかと自分は思っています。

転売なんてラクで生産性の無い商売と思う方もいるかもしれません(というか殆どがそうかと思います)。

しかし、彼らによって確実に救われた自分がいます。

需要のある商品を見抜き、それが予約分の受注生産だけだとしたら多目に予約してくれて、夜に出回る数を増やしてくれた。

それだけで価値のあることかと自分は思います。

はい、1週間以内にポチろうかと思います。

手に入れたものを喪失した、けれどもどうしても欲しいから取り戻したい

これが自分の2つ目の理由です。

とりあえずこれを見てください。

ジッポ

http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g141372129

(ヤフオクなのでリンク切れてたらごめんなさい><)

偽物語のZIPPOライター、約100,000円・・・。

正直これがすごく欲しいです。

価格は流石に即ポチは出来ない程迷いますが・・・。

これに関しては、すごく欲しくて実際に買いました。

コミケで売っていたのですが、販売当時は余ったのかコミケ終了後に通販で普通に販売していました。

当時の価格は10,000です。

それが実に10倍の値段・・・。

それでも、それだけのお金を払っても欲しいと思う自分がいるのもまた事実です。

ちなみにこの商品はものすごく気に入っていたので、自分で購入したものを大切に使用していました。

しかし、パチ屋で盗まれましたwwwwww

2年位前の話ですが、当時で新品価格80,000円程度はあったでしょうかwwwwwww

そんなものを無防備に台横に置いていた自分もどうかとは思いますが・・・。

ホントパチ屋って糞、もう辞めるわ・・・。

パチスロは好きでもパチンカスが嫌い過ぎてもうやってられん。

全員氏ねwwwwwww

などという私怨まみれな自分ですが、実際に今現在、例え10倍の値段だとしても購入を検討している自分が存在するということは紛れもない事実です。

そして、価格については出品者に是非を問うことはありません。

今は手に入らない代物です。

それが今手に入るかもしれない。

それだけで十分と思っています。

人が何かを欲するきっかけは様々

過去に何が起こったか分かりませんが、当人がその物品を今現在欲する理由はそれこそ千差万別です。

その物欲に応えてくれる転売屋を、自分は一概に悪とは言えません。

彼らとて「捌けないまま在庫を抱える」というリスクを負ってはいるのです。

余接ちゃんnanacoを買ったはいいものの

「ハァ?余接?要らねーよこんなブサイクwwwゴミ屑wwwww」

(※全然自分の本意じゃありません!!!!)

というのが世論を占めて、買ったはいいものの1枚も捌けずに終わるリスクも当然あるわけです。

要は転売屋もラクだけして稼いでるわけではないということです。

そんな彼らのリスクにも目を向けてあげられれば、自分らにもたらされる利益の部分にも正当な評価を下してあげられるかと思います。

是非一度ゆっくり考えてあげて欲しいかと思います。

余談、今年の自分の予定

コミケ初参加以来、初めて全日不参加かもしれません。

理由は「ヤマノススメ」にハマりすぎてお盆に富士山に登ることになったからですwww

1泊2日ですが当日の体力次第では危ないところなんですよねwww

そんな理由もありつつ、やはり転売屋には頭が上がらないこともあります。